タグ:馬 ( 15 ) タグの人気記事

癒し小旅行。



「個展が終わったら浦河でも行くか」

相方がそう言いました。

浦河は馬産地。ワタクシがちょっとだけ支援させてもらっているヤエノムテキが住んでいる町です。

地図でいうとえりも岬のちょっと左側(西側)。

よく考えてみたら、今年は陶芸フェスティバルで旭川へ行ったのが一番の遠出。

仕事抜きではどこへも行っていません。

で、ちょっと癒しを求めている心と体(笑)。

ワタクシが反対するわけもありません。ソッコーでニンジン二箱を箱買い。

もちろんお土産です♪


まずは宿泊先の優駿ビレッジアエルへ。

1時間の初心者乗馬を楽しみ(3年前に行ったときと同じお馬に乗せてもらいました)、

その後、JRAの功労馬たちがいる放牧地へ。

ここには2頭のダービー馬もいます(ウイニングチケット、サニーブライアン)。


  ↓の写真はヒシマサル。現役時はきさらぎ賞など勝っています。

私たちが行くとすぐに近寄ってきました。人懐こいです♪

すいませーん、草が出てるよ~(笑)。

d0114782_3584066.jpg
 

その後、日高スタリオンステーションへ。 

ヤエノムテキと3年ぶりの再会です。

わおー!!

d0114782_413768.jpg
 

日高スタリオンでは長老です(同い年のスーパークリークもいます)。

放牧場では長老らしく落ち着いたところも見せていたのですが・・・・

d0114782_434378.jpg


       ↑は放牧場から馬房前に帰ってきたところ。

ちょっとずるい顔してるでしょ(なんか企んでる。笑)。

この後、担当の方が写真用にとヤエノムテキにポーズをとらせようとしてくれているのに

いたずらばっかりしてました。

年をとっても相変わらずのやんちゃぶりです。

d0114782_474720.jpg



       ↑は馬房に入る前に放牧地で汚してきた体を洗ってもらったところ。

水もしたたるいい男です♪

スタリオンの方がお土産に持っていったニンジンを切ってくれたのでヤエノムテキと

交流中で発狂寸前のワタクシ(爆)。

でも彼の目はニンジンに釘付けです~(汗)。


その後、新ひだか町のへいはた牧場へ。

レガシーワールドに会いに行き・・・(ジャパンカップ勝ち馬です)。


んで、その次は日高町の日高ケンタッキーファームへ。

ここに住んでいるミスタートウジンに会いたかったんです。

彼は現役時14歳まで99戦走りました。

100戦目指していたのですがケガで引退。

普通は7~8歳くらいで競争馬は引退することが多いのですが、彼は14歳まで現役で走っていました。

d0114782_4155383.jpg


      ↑右がミスタートウジン、左は同じく引退競争馬のエモシオン。


・・・とお馬と交流三昧の小旅行。

お馬たちとの交流でとってもとっても癒してもらいました。

毎日浦河に来たい、と思ってしまいました~。


で、相方が切望していた鵡川のししゃも寿司は一番後回しになっちゃいました(爆)。


みなさーん、お馬にニンジンをあげるときは一本まんまであげないで、切ってからあげてくださいね~!!

d0114782_435254.jpg


ト、トウジン君!!寄りすぎ~(笑)。


今日もお付き合いいただきありがとうございます。

個人的趣味のお馬の話に終始してしまいました(汗)。


応援の1クリックをよろしくお願いいたします~!!

     ↓    ↓

   人気ブログランキングへ
  
  
[PR]
by toubounonki | 2008-10-16 04:24 | お馬 | Trackback | Comments(24)

帰ってこなかった彼女。



この時期になると毎年思い出す一頭のお馬がいます。

彼女の名前はホクトベガ。


かなり前の話になりますが・・・・

彼女は1993年1月に4歳でデビュー(現在の馬齢表記では3歳ですね)。

その年の秋に4歳牝馬のG1レース「エリザベス女王杯」を勝ち、見事にG1馬の仲間入り。

しかし、その後中央競馬の芝のレースでなかなか結果を出せない彼女は地方競馬との交流レース

に出走するようになります。


1995年6月、川崎競馬場でのエンプレス杯では後続になんと18馬身の差をつけて圧倒的な強さ

で勝ち、今でも伝説のレースとなっています。


中央競馬は芝とダート両方のコースがありますが、地方競馬はダートコースのみ。

その後もダートで出走したレースで7連勝など、とてつもない強さで彼女は「砂の女王」と

呼ばれていました。


そして・・・1997年。

世界最高峰のレース「ドバイワールドカップ」へ。

世界から強いお馬たちが招待される世界最高賞金のレースです。

今では日本のサラブレッドが海外へ行くのはそんなに珍しいことではなくなりましたが(それでも

すごく大変なことではあります)、

彼女がドバイへ行った頃は年間に1頭いるかいないか・・・そんな時代でした。

この年のドバイワールドカップの当日、ドバイは数十年ぶりの大雨でレースは4月3日に延期。

日本では夜中のレース。テレビでも放映していないので観戦の術はありません。

朝のテレビを観ずに会社に行った私はそこで衝撃的な事実を知ります。

「ホクトベガ、予後不良」

「予後不良」というのは競馬ではその子の死を意味します。


後日、その映像を観たのですが、朝っぱらから放映する(しかも競馬の番組とかじゃなく

フツーのワイドショーで)のにふさわしい映像ではありませんでした・・・。

二度と観たくありません(レースの事故映像はどれもそう思ってしまいます)。


最後のコーナーで前の馬に接触し、転倒。

起き上がろうとしたところに後ろから来た馬がまた接触。

彼女のレースは永遠にそこで終わってしまいました。

2度目の接触の時は落馬した横山ジョッキーをかばうような形になりました。

きっとあの時彼とホクトベガとの位置が違っていたら大怪我をしていたと思います・・・。


普段、勝利ジョッキーインタビューなどでもあまり感情を表に出さない横山ジョッキーが

帰国後、とても悔しそうにインタビューに答えていたこと、ホクトベガの追悼式に

喪服で出席していたこと(彼女に対してとても敬意を払っていたんだと思います)が

印象に残っています。


現地ではホクトベガの名前を冠したレースもできたそうですが、

検疫の関係で彼女はたてがみだけが帰国。

・・・彼女は帰ってきませんでした。



私にとって彼女は「とっても大好きなお馬」というわけではありませんでした。

実際、彼女と同期の「ユキノビジン」という栗毛のすごく美人な子を応援していたのですから。

でも・・・・

当時会社員だった私は、G1を勝ったのに障害レースの練習をしたり、地方へ行ってばりばり

走ったりしている彼女を心のどこかで支えにしていたように思います。


そして彼女は「死んでしまった」というより「突然いなくなってしまった」というかんじ。

しばらく、心にぽっかりと穴が開いていました。


そして今年もドバイワールドカップの日がやってきました。

今晩グリーンチャンネル(競馬と農業専門のチャンネルです)で生放送されます。

あの時ドバイワールドカップしかなかったレースも今は「ドバイワールドカップデー」となり

いくつものレースが開催されています。

今年はヴァーミリアン、ウオッカ、アドマイヤオーラ、イイデケンシンが行っています。

結果がよければものすごく喜ばしいことですが、なにより無事にレースを終えて

日本に帰ってきて欲しいな、と思います。


長文お付き合いいただきありがとうございます。


今日は初めての写真なし記事でございました・・・・。


     人気ブログランキングへ  
[PR]
by toubounonki | 2008-03-29 22:43 | お馬 | Trackback | Comments(4)

今日はゆるめです~。

登別も初雪降りました。さむいさむい~。


♪ どんぐりころころ どんぐりこ~

・・・って歌ってませんか??

d0114782_13245362.jpg

それね、違うんです。

♪ どんぐりころころ どんぶりこ~
 
なんですよ~。

ワタクシ、ずーっと「どんぐりこ~」って歌ってました(爆)。

小さい頃、「エジプト」のこと「エプジト」だと思ってました。
なんてマヌケなんでしょう(笑)。


d0114782_13291762.jpg


製作中の一輪挿し。
窯に詰められる作品が揃ってきたのでそろそろ窯焚きできそうです。

これを待ってて下さっているDさーん!!
もう少しお待ちくださいね(お待たせしていてすみません~。謝)。

ハートといえば・・・

先日岩手競馬でデビューしたトレジャースマイル

額に白いハートがあります。
完璧なハートの形です(笑)。
とってもかわいい女の子。只今人気急上昇中。
もう「水沢のアイドル」とも言われています。

トレジャースマイルのデビューの日、お客さんは普段の4割増しだったとか。
地方競馬はどこも大変なので、トレジャースマイル人気で盛り上がるといいですね。

もちろん、彼女が無事に元気に走ってくれることが一番♪


いつもお付き合いいただきありがとうございます。

本日のゆるーい感じに1クリックくださいませ~。 →  人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2007-11-15 13:40 | 日々のこと | Trackback | Comments(8)

最近のワタクシと病院の話。

ここ最近のやきもの作り以外のお話をちと。

北海道も夏野菜の収穫の時期を迎えて野菜のお値段が安くなってきました。
先日は「規格外のトマト」がとても安く手に入りました。
規格外といってもちょっと筋が入っていたり、大きさがまちまちだったりするだけで
とってもおいしいトマトです。
d0114782_1210845.jpg

特に料理上手でも好きなわけでもありませんが・・・・
毎年この時期にトマトを大量に買って・・・・。







d0114782_12113186.jpg

家にある一番大きいお鍋でトマトソースを作ります。
煮込むのに時間がかかりますがいっぺんにたくさん作ると
おいしいし、便利♪

しばらく楽しめそうです。




さて、全然別の話ですが、
とあるところで知り合ったサラブレッド生産牧場の社長さん。
「見学にきてもいいよ」とおっしゃるので、
「本気で行っちゃいますよ!!」ということで(もちろんだよね。笑)お伺いし、
見学させていただきました。

「登別上水牧場」。
なんと自宅から車で5分ほどのところに!!
びっくりするほど近くで自分がその存在を知らなかったことにもびっくり(笑)。
ここは生産牧場なので、牝馬を主に繋養しています。
夏の暑い時期は午後から夜間にかけて放牧すると言うことで、
午前中厩舎でお馬たちを見せていただきました。

まず、繁殖牝馬のおかあさんたち。
私たちが行くとみんな顔を出してきて近くへ行くと私の腕のにおいを
「ムフー、ムフー」と嗅いでます(鼻息が生ぬるい~。笑)。
でも噛んだりいたずらしたりはしません。
おとなしくてとってもかわいこちゃんたち♪

そして功労馬として繋養されている「マイスーパーマン」。
今年20歳。現役の頃はG3をふたつ勝ってます。
おかあさんたちとはちょっと離れたところにいました。
d0114782_1226040.jpg

                       マイスーパーマン。
                       元気いっぱい!女の子と比べるとやんちゃさんです♪

そのほか、昨年生まれた1歳馬たちもいました。
人間で言うと小学生。
あどけなくて好奇心いっぱい。でも見たことない人いるからちょっとコワイ(笑)。
そんな感じでした。

びっくりさせるといけないので、お母さんたちと1歳馬たちの写真は撮ってません。
ちょっと腕を動かしたりしただけで驚く子もいます。
お馬たちは牧場の大切な財産。ペットとも違います。
みんなかわいくてコーフンしていた私は大きな声を出さないようにするのがとっても
大変でした(爆)。
d0114782_12385572.jpg

                     帰り際、顔を出してお見送りしてくれたジーナフォンテン。
                     彼女は昨年まで船橋競馬所属で南関東ブイブイ言わせてた
                     つよーいお馬です(笑)。
                     引退して生まれ故郷の上水牧場へ帰ってきて只今
                     初子がおなかの中に。
                     ジーナのお母さんもここで元気に暮らしてます。

・・・・・と鍋をかき混ぜたり、お馬に癒されたりしてました(笑)。

もちろんやきもの作りもしてます♪
土錬機仕事やタタラ。江別やきもの市前に比べるとゆるゆるスピードですが(笑)。


そして今日のもうひとつの話題、「病院」。

私はとっても元気なのですが(丈夫なのだけがとりえ。爆)、最近我が家の年老いた家族
の付き添いで大きな病院に行く機会が増えてきました。

先日の通院はふたつの科の予約が入っていました。
まず時間の早いほうの科へ。いつものことですが、とっても混んでいます。
もうひとつの予約の科は尿検査があるため予約時間の30分前に来るように言われていました。

1時間ほど待ち、このまま待っていたらふたつ目の予約に間にあいそうもないので
看護士さんにどうしたらいいか相談しました。
そうしたら・・・・とても迷惑そうに
「こういうときは先に尿検査を受けに行ってもらわないと・・・。」
えぇぇ!!病院ってそういうルールなの??でも、誰がそんなこと教えてくれるの???

びっくりです。予約の時間は前の診察のときに病院側が勝手に決めています。
それに前の診察のときに尿検査が必要な科の予約はすでに入っていて電子カルテの
この病院なら診察カードを出したときに当日も別の予約のことがすぐにわかるはずです。

ルールを知らない私が悪いのか・・・。
先に尿検査を受け、また戻って診察を受けました。診察といってもお話だけ2分。
そしてふたつ目の科へ行きまたまた待たされ診察は3分。
合計5分の診察を受けるために4時間(爆)。そしてさらに会計待ち30分。
あきれるような待ち時間の長さ(涙)。

他の大きな病院にはあまり行ったことがないのでどうなのかわかりませんが、
ここは本当に具合の悪い人が来るところなのでしょうか??
元気な私でさえいつ呼ばれるかわからない状態で昼食も食べられずに待っていたら
調子悪くなっちゃいます(笑)。

でも・・・先生も、看護士さんたちも、会計の係の人たちもいつお昼ごはんを食べているんだ
ろう??と思うくらい忙しく働いています。
ならば・・・病院のシステム自体がおかしいと思わざるを得ません。

患者さんによってかかる時間が違うのもわかるので待ち時間があるのは
仕方ないと思いますが、この状況を異常と思うのは私だけなんでしょうか・・。

ここの病院では最近他にも「??」と思う対応がいくつかありました。
全部書くと愚痴だらけになるのでやめておきますが、
「対応してくれた人によって(同じ科の看護士さんでも)全く正反対のことを言われる」とか、
「とても簡単な事を尋ねたのにきちんと確認せずに返事をされ、しかも間違っている」など
基本的なことで???と思うことが。

病院慣れしていない私が感じたことなので世間的に見ると当たり前のことなのかも
しれないし、たまたま運悪くそういう対応にあたってしまっただけなのかもしれません。

事実、以前に自分自身がこの病院で診察してもらったときには検査の内容を
わかりやすく伝えてくれた看護士さんや、マンモグラフィーの検査で不安にならないように
ずっと声を掛けてくれた放射線技師の方もいらっしゃいました。

でも、私のこの病院に対するイメージはここのところの対応でマイナスの方を向いて
しまってます。ほんとにたまたまこういうことに当たっちゃっただけならいいんだけどなぁ・・・。

d0114782_1329112.jpg

ぼーってしている私が育てたからなのか・・・・
今頃赤くなってきた我が家のイチゴ(笑)。







少々長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございます。

今日も応援のクリックをおひとつ!!
お願いいたしまーす!!        →人気blogランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2007-08-06 13:38 | 日々のこと | Trackback | Comments(3)

ヤエノムテキ会。

昨日から登別も夏らしくなってきました。
なのに昨夜のうちのメニューときたら「ますのみそ鍋」(汗)。

とってもおいしいますだったのですが、汗だくで食べました・・・(笑)。
ワタクシ、気温予想を大失敗・・・(爆)。

さて。
今日はやきものから離れたお話です。

私は競馬好きです。
とは言ってもいつも馬券を買っているわけではありません。
馬券が好き、というよりも美しいお馬たちが頑張っている姿を見るのがとても好き。

そんな私が競馬をはじめて間もない頃出会った1頭のお馬ヤエノムテキ。
ヤエノの名前を知っている人は少ないと思うけど、オグリキャップと同じ年というと
競馬をしない方でもちょっと親しみをもっていただけるでしょうか・・・。

とんでもなく男前。しかも派手(笑)。そしてやんちゃ(爆)。
明るい栗色の体に額から鼻先にかけて大きな流星(白い毛)。
そして四肢にはいた白いソックス。
「豪華系栗毛」が好きな私は一目ぼれ(笑)。

しかもG1二つも勝ってます。皐月賞と天皇賞(秋)。
ヤエノが抽選でようやく出られた皐月賞は毎年中山競馬場で行われるのですが、
この年(88年)は中山の改修工事で東京競馬場で行われました。
天皇賞(秋)は90年にレコードで優勝。このレコードは99年にスペシャルウィークに
破られましたが、9年間という長い間ヤエノがレコードホルダーでした(えっへん。笑)。
どちらも東京競馬場の2000メートルのレース。

この頃はオグリキャップやイナリワン、スパークリークなど強いお馬がたくさん走っていた
時代なのでG1ふたつは褒めてあげられる成績だと思います。

最後のレースは90年の有馬記念。
このレースはオグリキャップの引退レースでもありました(彼は劇的な勝利で引退!!)
で、ヤエノはというと・・・・レースの前にジョッキーの岡部さんを放り出し(つまり振り落とした、
ということですね。笑)一人で馬場を気持ちよく走ってきちゃったんです~(これを競馬用語で
「放馬」といいます)。
やんちゃ坊主にふさわしい引退の仕方(笑)。レースの前に一仕事終わらせたヤエノは
7着の成績で競走馬生活を終えました。
d0114782_1214263.jpg

                      おととしヤエノに会いに行ったときの写真です。



・・・とヤエノの紹介がちと長くなってしまいましたが(爆)、彼は現在日高の浦河町にある
「日高スタリオンステーション」に住んでおります。
22歳。おじいちゃんです。

引退後の競走馬は女の子は繁殖牝馬として牧場に帰ることがほとんどです。
男の子たちは・・・というと成績がよかった子は種牡馬として牧場に帰ることができますが、
そのほか地方競馬に移籍したり乗馬になったり・・・といろいろです。
しかしこの「いろいろ」の中には本当にいろいろな意味が含まれており、行方不明になったり
人知れずお星様になっていたり・・・(涙)。サラブレッドは経済動物なので彼ら全員に
幸せな第二の人生は保証されていません。

ヤエノも種牡馬にはなったもののいい馬がたくさん種牡馬になった時代。
競争も激しくシンジケートもすぐに解散され種牡馬を続けていくのが難しい状況に。
その頃、競馬ブックで「ヤエノムテキ会」なるものが発足したというコラムを読んで
入会することにしました。
一般のファンが出資してヤエノの種牡馬生活を支援しようという会で、
幸いなことに私が捻出することのできる金額の会費だったので大好きなヤエノが
いつまでも元気にスタリオンで生活できるよう支援に加われるのならうれしいなと、思いました。
d0114782_12193695.jpg

そんなこんなで支援を始めてもう8年目。
おととしの夏に会いに行ってからしばらく会えていませんが、ヤエノムテキ会の会報に
よると元気に過ごしている様子。

種牡馬登録はしているもののこの4年間種付けゼロ(笑)。お仕事がありません。
それでも日高スタリオンで皆さんに大切にしてもらって生活できるヤエノは幸せです。

他にも一般のファンの支援で余生を送っているお馬もいます。
引退馬の支援をしている会や積極的に引退馬繫養に携わっている牧場もあります。
サラブレッド1頭を養うにはお金はもちろんのこと、馬房や放牧できる土地、お世話する人手も必要です。
簡単な話ではありませんが、1頭でも多くの引退馬がゆっくりと余生を過ごせる環境が
増えるといいな、と1ファンとして願っています。
d0114782_12383024.jpg

                      ヤエノの後ろに見える放牧地の倍以上ある
                      敷地を独り占め(笑)。
                      もちろんヤエノだけではなくここにいるすべての
                      種牡馬が同じように放牧されています。




・・・おっと、すっかり話が長くなってしまいました。
ワタクシ、お馬の話になると3日3晩語る自信あります(爆)。

先週土曜日には武豊騎手が20年で最多勝利数更新というニュースがたびたび
放映されていたのでご覧になった方もいらっしゃると思います。
そのニュースを観ていて・・・「ユタカがすごいのはもちろんだけど、そのとき騎乗していた
お馬はなんていう名前なんだ??走ったのは馬なんだから馬の名前もみんなに紹介しろ~!!」
と怒っていたのは私だけでしょうか(爆)。


いつもお付き合いいただきありがとうございます。
ブログランキング参加中!!
皆様のコメント、応援クリックとても励みになっております~。

応援の1クリック、よろしくお願いします!  →  人気blogランキングへ
      
[PR]
by toubounonki | 2007-07-23 13:09 | お馬 | Trackback | Comments(19)

「陶房呑器」陳野原 久恵の のんびりのんきなやきもの生活ブログです。


by toubounonki
プロフィールを見る
画像一覧