タグ:窯 ( 62 ) タグの人気記事

焼きしめ焼成中。



焼しめのうつわを焼成中。


もう少しで窯の火を止められそうです(^^)



焼しめっていうと本来無釉で本焼きしたものや、薪窯で焼成して自然釉がかかったもののことを言いますが

私の焼きしめは気軽に普段使いしてもらえるように食べ物や飲み物が入る内側に釉薬をかけたり

薄くかけた釉薬をふき取ったりしています。


窯詰めもさや組みをして貝や炭など入れるので準備に結構時間がかかります。

窯から出した後の窯のお掃除もけっこう大変(・。・;


正直、めんどうだ~!!と思うこともありますが、できあがったときの土の雰囲気や一緒に窯に

詰めた素材からもらった色が出ていたりするとうれしくなっちゃってやめられません(笑)。


失敗も多い焼きかただけどその分感動も大きいのかな(笑)。


d0114782_3262224.jpg






























写真は窯詰めのときに撮ったもの。

作品の下に写っている耐火レンガは釉薬をかけたもの(モザイクとかペンギンなど)用。

焼しめ用はまた別に用意してあります。

焼しめ用はレンガもすんごいいい色に焼きしまってますよ(笑)。



今日もお付き合いいただきありがとうございます!!




人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2014-01-24 03:51 | やきもの | Trackback | Comments(2)

まねき。



私が作っている器のほとんどは炭化焼成しています。


いままでずーっと火持ちのよい岩手県産のなら炭を使っていたのですが、皮をむいて使っても炭がはじけて

器の見込みに入ってしまったりヤニのようなものが出て棚板にべったりくっついちゃったりすることがあり

どうにかならないか・・・と考えていました。



なら炭は北海道でもたくさん作っているところがあるようなのでできれば北海道産の素材を使えたら・・・

とまずは北海道産のなら炭に変えて使ってみたところ、見事に炭がはじけてひと窯ほとんどダメに

してしまいました(T_T)



いつも炭を買いに行っているお店の方にいろいろ聞いてみると、おがくずを固めて作った「まねき」という

のが火持ちもよくてはじけないとのことだったので、いままで使っていた炭よりちょっとお値段が高かったけど

使ってみることに。



d0114782_755622.jpg

























真ん中に穴が開いていて同じ形に形成されています。

形が均一なので窯に入れる量が決めやすく、今までの木炭より窯の中で場所をとりません。

灰も少ないので棚板もあまり汚れず扱いやすいです。


もちろんはじけた形跡はないので作品にも悪い影響はありません。

炭化してくれる力も全く問題ないのでしばらくこれを使ってみようと思います。



d0114782_755939.jpg





















焼成時に起こるロスから作品を守るべく他にもちょこちょこと工夫をしてみています。


やっぱりひと窯ほどんどダメにしちゃったりするとテンション下がりますからね(笑)。



昨晩から窯たき中で眠気マックス(仮眠はしてますよ~^m^)なのでコーヒーでも飲んできます~。

お昼ごろには終わりそうです(^^)



今日もおつきあいいただきありがとうございます!!



人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2014-01-14 08:20 | やきもの | Trackback | Comments(0)

へこたれ禁止。



昨日窯出しした作品は炭飛びがあったり釉薬が流れすぎたりでほとんどが

失敗の部類に入るものでした(T_T)



やけ酒飲む暇もなく(笑)本焼きの準備をしただいま窯焚き中。


何回失敗してもやっぱり失敗はやってくる。

ほんのちょっとの違いが命取りになったり。


でも、失敗でいつまでもめげてたら陶芸はつづけられないですよね(笑)。


へこたれるな~、自分(゚∀゚)





d0114782_1262716.jpg






























今焚いてる窯にはふたものなどが入ってます。


今度は無事に焼けますように(^_^;)





今日もおつきあいいただきありがとうございます!!


人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2013-12-17 01:38 | やきもの | Trackback | Comments(0)

素焼き中。


昨夜は美術協会の公募展の搬入、審査会を終えて帰宅してから窯だししてすぐに素焼きの作品を

窯詰めしました。



d0114782_1193339.jpg





































一番上に入れてあるフリーカップ、まだ乾燥途中なので余熱のある窯に入れて一晩乾燥。


良い子はマネしない方がいいですが、たまにやるダークサイドな技です(笑)。


今朝、乾燥したものを窯から一度出してカタカタチェックして再度入れただ今素焼き中。





窯も少し湿気を吸っていると思うので低温でゆっくり焼いているところです(^^)。



今日はこれからフリーカップの削りをして、タタラ作業をしようと思います。



d0114782_1185675.jpg







































今日もおつきあいいただきありがとうございます!!




人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2013-10-15 11:18 | やきもの | Trackback | Comments(2)

素焼きに新聞紙。



先月60センチ越えの大きな壺を作りました。


ゆっくり乾かしたのでもう素焼きに入れても大丈夫かな・・・・と思ったのですが雨が降って作品に湿気が

戻ったり、粘土の厚みがあるところがしっかり乾いていない可能性もあります。


大きいものを作る機会は多くありませんが、大きいものの焼成に失敗する確率は結構高いです(爆)。




まだ先生のところに通っていたときに教えてもらった大きいものを素焼きするときの裏ワザ。

新聞で作品をくるんで窯にいれる、というもの。


直接あたる熱が緩和される・・・ということなんでしょうかね。

新聞紙でくるんで素焼きした大きなものは今まで無事に素焼きから出てきています。


今回も新聞紙でくるんで素焼きに入れました。


d0114782_2181924.jpg


































壺の肩や下にあるのが新聞です。

750度で焼いてもこんなふうに残っています。


必ず効果があるのかどうかは不明ですが心配があるときは一度試してみてもいいかと思います。


ただ、素焼きのあとは窯の中に新聞紙がたくさん散らかってますのでお掃除がマスト。

バーナーの中にも入っていることもありますので掃除機かけてあげてくださいね(^o^)



今日もおつきあいただきありがとうございます!!


ただ今本焼き中。

窯場への行き来が寒いのでフリースを着てバーナーの調整をしに行っているワタクシに(北海道は

秋が早足ですね^^;)応援の1クリックをお願いします~

  ↓        ↓

 
人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2013-10-03 21:21 | やきもの | Trackback | Comments(2)

失敗の窯とその後。


先週、旭川に持っていく予定の作品が入った窯で大失敗。


d0114782_212861.jpg






















釉薬が流れて窯の半分くらいをダメにしました(T_T)


原因はいろいろあると思いますが、釉薬が濃かったこと、それから焼成にいつもより時間がかかったこと

かな・・・と思っています。


ま、どう失敗しても全部自分がやったこと。

次に生かすしかありません。


で、それを踏まえて旭川に行く前の日に本焼きをして、帰ってきてから窯だししました。


d0114782_221564.jpg

































前の窯と同じ失敗をしないように、温度はきっちり上げるけどカロリーがかかりすぎないように「さらっと焚き」で。


今度は釉薬の流れもなく大丈夫でした。



油断しているつもりはないけど、どこかに「馴れ」が出てくるのかもしれませんね。


何年やっても何回焚いてもやっぱり失敗はあります。


「気を配ってお仕事しなさい」っていう陶芸の神様からのメッセージだと思うことにして次も気を抜かずに

窯焚きしようと思います。



今日もおつきあいいただきありがとうございます!!



人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2013-10-02 02:20 | やきもの | Trackback | Comments(0)

素焼き出しました。



先日の素焼き、窯から出しました。


お天気のいいうちに洗ってお外で干しました♪



d0114782_1752016.jpg


































ひと窯に入っていた素焼き全部の量です。


こうやって窯から出した素焼き全部を並べてみるのって初めてかも。



けっこうな量が入っているもんですね(笑)。


まじめに釉薬かけしないとね^^;





今日もお付き合いいただきありがとうございます!!



雨が降ってきたのであわてて素焼きをしまうのにノースリーブの服で作業していたら

あっという間に2か所も蚊に刺されていたワタクシに(どちらかというと刺されやすいみたいです。涙)

応援の1クリックをお願いします~

  ↓           ↓

 人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2013-08-29 17:14 | やきもの | Trackback | Comments(0)

窯詰めしながら・・・。

今日はめしわんの削りをしながら素焼きをしています。


素焼きを2回続けて焚いたので窯が冷めたら怒涛の釉薬かけになりそう^^;



窯詰めをしながら陶芸を始めたことのことを思い出しました。



d0114782_14572323.jpg


































土を触り始めて約3か月後・・・電動ろくろを買ったころから数年はベランダでろくろを挽いていました。


ベランダと言ってもガラス張りのサンルームみたいなところで外からは丸見え、環境的には屋根があるだけで

屋外と一緒。



冬はストーブは使っていたものの手水はすぐに冷たくなるし足も手も冷たくて痛くなるし

夏は炎天下の車の中のような状態。手に着いたドベがすぐに乾燥して土の甲羅をまとっているようになります。


ろくろのほかにはご近所でいただいたいらなくなった学習机にコンパネを乗せたのが一台だけ。


今思えばかなり過酷な環境だったと思います。



d0114782_1555763.jpg



























でも、ろくろを挽くのがとても楽しい、と感じていました。


できなかったことが少しずつできるようになり、だんだんと薄く挽けるようになるのが面白くて。



その頃はまさか自分が窯を買ってこんなふうに活動するとは夢にも思わなかったし、目指してもいませんでした。


知らない間に陶芸の奥深い魅力にはまっちゃってたんですね(笑)。



私が知らないこと、できないこともまだまだたくさんあるけど・・・いや、たくさんあるからこそもう少し前に

進んでみよう、と思うのかもしれません。



d0114782_15131230.jpg

























まだまだ作ってみたいものや試してみたいことがたくさんあります。


最初のころの純粋に楽しかった気持ちを忘れないでものづくりを続けていけたらいいな、と思います(^^)




今日は「できたらもう少し片付けたいな」と思っている仕事場の写真を見ていただきました(笑)。


d0114782_15224638.jpg

































d0114782_15232364.jpg

























今日もおつきあいいただきありがとうございます!!


最近、指先の皮が薄くなっているのか、熱いものを持つのがすっかり苦手になってしまった

ワタクシに(爆)応援の1クリックをお願いします~


   ↓           ↓

 人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2013-08-27 15:27 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)

素焼きの窯詰め。



日本全国お盆ですが(笑)素焼きの窯焚きました。



他の作家さんのSNSやブログを拝見していて技法や道具など勉強になることがたくさん

あるのですが、素焼きの窯詰め写真はとても楽しく拝見しています(もちろん勉強になることもあります♪)


本焼きのときは作品同士がくっついちゃいけないし整然と窯詰めされていることが多いのですが、

素焼きは重ねて入れたりできるし、少々無茶もきくので(笑)いろいろな詰め方が。


特に横開きの窯は全容が見えるのでびっくりするほどアクロバティックな詰め方だったり、

とても個性的な詰め方だったりというのを楽しませてもらっています。



d0114782_020123.jpg

































写真は今日の窯詰め。


私は根がビビリーなのであんまり冒険していないわりとつまらない詰め方です(笑)。





今日もおつきあいいただきありがとうございます!!


細かい作業が見えにくくなりとうとうメガネを買いに行ったワタクシに(笑)応援の1クリックを

お願いします~

  ↓            ↓

 人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2013-08-14 00:40 | やきもの | Trackback | Comments(0)

2006年の写真。



以前の写真をデジカメからコピーしたCD-Rが出てきました。


窯を開けた時の写真もありました。


d0114782_235413.jpg

























2006年の写真です。


このころは還元焼成が多く、炭化はまだ始めたばかりで少ししか焼いていなかったように思います。



現在作っているものと作風もちょっと違っていて今では作っていないものがほとんどですが、

モザイクの黒いマグが入ってます。


これは今でも同じように作っているもの。


なんだか懐かしいです(笑)。



d0114782_2351522.jpg
























2007年が亥年だったのでウリ坊なんかも作ってました。


干支の物は毎年作っているわけではありませんがこの時はなんだか無性に作りたくなり

たくさん作りました。


ひとつくらい自分のところに置いておけばよかったなぁ(笑)。



今日もお付き合いいただきありがとうございます!!



ブログランキングに参加しています。

1クリックで応援よろしくお願いします~

   ↓          ↓

 人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2013-06-15 02:56 | やきもの | Trackback | Comments(0)

「陶房呑器」陳野原 久恵の のんびりのんきなやきもの生活ブログです。


by toubounonki
プロフィールを見る
画像一覧