タグ:ヤエノムテキ ( 1 ) タグの人気記事

ヤエノムテキ会。

昨日から登別も夏らしくなってきました。
なのに昨夜のうちのメニューときたら「ますのみそ鍋」(汗)。

とってもおいしいますだったのですが、汗だくで食べました・・・(笑)。
ワタクシ、気温予想を大失敗・・・(爆)。

さて。
今日はやきものから離れたお話です。

私は競馬好きです。
とは言ってもいつも馬券を買っているわけではありません。
馬券が好き、というよりも美しいお馬たちが頑張っている姿を見るのがとても好き。

そんな私が競馬をはじめて間もない頃出会った1頭のお馬ヤエノムテキ。
ヤエノの名前を知っている人は少ないと思うけど、オグリキャップと同じ年というと
競馬をしない方でもちょっと親しみをもっていただけるでしょうか・・・。

とんでもなく男前。しかも派手(笑)。そしてやんちゃ(爆)。
明るい栗色の体に額から鼻先にかけて大きな流星(白い毛)。
そして四肢にはいた白いソックス。
「豪華系栗毛」が好きな私は一目ぼれ(笑)。

しかもG1二つも勝ってます。皐月賞と天皇賞(秋)。
ヤエノが抽選でようやく出られた皐月賞は毎年中山競馬場で行われるのですが、
この年(88年)は中山の改修工事で東京競馬場で行われました。
天皇賞(秋)は90年にレコードで優勝。このレコードは99年にスペシャルウィークに
破られましたが、9年間という長い間ヤエノがレコードホルダーでした(えっへん。笑)。
どちらも東京競馬場の2000メートルのレース。

この頃はオグリキャップやイナリワン、スパークリークなど強いお馬がたくさん走っていた
時代なのでG1ふたつは褒めてあげられる成績だと思います。

最後のレースは90年の有馬記念。
このレースはオグリキャップの引退レースでもありました(彼は劇的な勝利で引退!!)
で、ヤエノはというと・・・・レースの前にジョッキーの岡部さんを放り出し(つまり振り落とした、
ということですね。笑)一人で馬場を気持ちよく走ってきちゃったんです~(これを競馬用語で
「放馬」といいます)。
やんちゃ坊主にふさわしい引退の仕方(笑)。レースの前に一仕事終わらせたヤエノは
7着の成績で競走馬生活を終えました。
d0114782_1214263.jpg

                      おととしヤエノに会いに行ったときの写真です。



・・・とヤエノの紹介がちと長くなってしまいましたが(爆)、彼は現在日高の浦河町にある
「日高スタリオンステーション」に住んでおります。
22歳。おじいちゃんです。

引退後の競走馬は女の子は繁殖牝馬として牧場に帰ることがほとんどです。
男の子たちは・・・というと成績がよかった子は種牡馬として牧場に帰ることができますが、
そのほか地方競馬に移籍したり乗馬になったり・・・といろいろです。
しかしこの「いろいろ」の中には本当にいろいろな意味が含まれており、行方不明になったり
人知れずお星様になっていたり・・・(涙)。サラブレッドは経済動物なので彼ら全員に
幸せな第二の人生は保証されていません。

ヤエノも種牡馬にはなったもののいい馬がたくさん種牡馬になった時代。
競争も激しくシンジケートもすぐに解散され種牡馬を続けていくのが難しい状況に。
その頃、競馬ブックで「ヤエノムテキ会」なるものが発足したというコラムを読んで
入会することにしました。
一般のファンが出資してヤエノの種牡馬生活を支援しようという会で、
幸いなことに私が捻出することのできる金額の会費だったので大好きなヤエノが
いつまでも元気にスタリオンで生活できるよう支援に加われるのならうれしいなと、思いました。
d0114782_12193695.jpg

そんなこんなで支援を始めてもう8年目。
おととしの夏に会いに行ってからしばらく会えていませんが、ヤエノムテキ会の会報に
よると元気に過ごしている様子。

種牡馬登録はしているもののこの4年間種付けゼロ(笑)。お仕事がありません。
それでも日高スタリオンで皆さんに大切にしてもらって生活できるヤエノは幸せです。

他にも一般のファンの支援で余生を送っているお馬もいます。
引退馬の支援をしている会や積極的に引退馬繫養に携わっている牧場もあります。
サラブレッド1頭を養うにはお金はもちろんのこと、馬房や放牧できる土地、お世話する人手も必要です。
簡単な話ではありませんが、1頭でも多くの引退馬がゆっくりと余生を過ごせる環境が
増えるといいな、と1ファンとして願っています。
d0114782_12383024.jpg

                      ヤエノの後ろに見える放牧地の倍以上ある
                      敷地を独り占め(笑)。
                      もちろんヤエノだけではなくここにいるすべての
                      種牡馬が同じように放牧されています。




・・・おっと、すっかり話が長くなってしまいました。
ワタクシ、お馬の話になると3日3晩語る自信あります(爆)。

先週土曜日には武豊騎手が20年で最多勝利数更新というニュースがたびたび
放映されていたのでご覧になった方もいらっしゃると思います。
そのニュースを観ていて・・・「ユタカがすごいのはもちろんだけど、そのとき騎乗していた
お馬はなんていう名前なんだ??走ったのは馬なんだから馬の名前もみんなに紹介しろ~!!」
と怒っていたのは私だけでしょうか(爆)。


いつもお付き合いいただきありがとうございます。
ブログランキング参加中!!
皆様のコメント、応援クリックとても励みになっております~。

応援の1クリック、よろしくお願いします!  →  人気blogランキングへ
      
[PR]
by toubounonki | 2007-07-23 13:09 | お馬 | Trackback | Comments(19)

「陶房呑器」陳野原 久恵の のんびりのんきなやきもの生活ブログです。


by toubounonki
プロフィールを見る
画像一覧