<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

週末は旭川陶芸フェスティバル。



夕方暗くなるのも早くなりましたね。



さて、今週末は「旭川陶芸フェスティバル」に出店します。

☆旭川陶芸フェスティバル2012☆

9月29日(土)、30日(日)
29日 10:00~17:00
30日 10:00~16:00
旭川地場産センター(道の駅あさひかわ)
旭川市神楽4条6丁目1-12   電話0166-61-2283


今年は133件が集まります。

陶芸体験や実演コーナーもあります。

「ごはんの器」展、チャリティー福袋販売(30日10時から)などの催し物もあります。


こちらの会場は屋内なのでもしお天気が悪くなってもゆっくりと観ることができます。



陶房呑器はコマ番号28番でお待ちしています~♪



d0114782_1482288.jpg



























登別から旭川まで約240キロ。

旭川陶芸フェスティバルは前日搬入があるので前日入りしようと思ってます。


遠いので、前日搬入助かります~(一気に240キロ移動してすぐに搬入はきっついっす。笑)。







今日もおつきあいいただきありがとうございます!!




ゆめぴりかの新米を買ってきたワタクシに(おいしいかな~???期待度大♪)応援の

1クリックをお願いしまます~

  ↓       ↓

 人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2012-09-27 02:02 | やきもの | Trackback | Comments(2)

失敗。



先日の窯だし。




朝一番の仕事。

窯を開けて出していけば出していくほど落ちこんで・・・。



結局、8割がた作品として「とれない」状況。


d0114782_1263426.jpg



























原因として思い当たることはいくつかありました。

技術的に未熟なこと、選択ミスなどなど・・・。


誰が悪いわけでもなく、全部自分のせい。



でも、気持ちのやり場がなくて相方にやつあたりしてみたり、ツィッターでつぶやいてみたり。


気持ちが落ち着いた頃・・・

気がついた。

落ち込んでつぶやいた私のことを心配してくれるフォロワーさん、

それを見てメールくれた人、

私の毒をさらっと受け流していた相方。


一人で落ち込んでいた気分になってたけど、気持ちを共有してくれる人たちが周りに

いてくれるのです。


そして、その気持ちに支えられてるなぁ、と。


それに気づいて元気がでました♪


みなさん、心配おかけしてすみません、そして、ありがとう(^○^)



今日もお付き合いいただきありがとうございます!!


電気をつけず廊下を歩いたら壁の角に激突したワタクシに(猫のヒゲが欲しい。爆)

応援の1クリックをお願いします~

   ↓         ↓

人気ブログランキングへ



 
[PR]
by toubounonki | 2012-09-26 01:34 | やきもの | Trackback | Comments(4)

ふたつの薪窯。



なんだか・・・「暑い」からすぐに「寒い」になってきました。


「涼しい」とか、スルーなんでしょうか(笑)。


さて、今月の初めにお手伝いした薪窯と、陶人社さんの11周年薪窯の作品のやすり掛けなどの

処理が終わりました。


d0114782_22123970.jpg






















写真の右が陶人社さんが焼いてくれたもの、左がお手伝いした六平太窯さんで焼いたもの。

陶人社さんのはコゲもあってワイルドな焼き上がり。

六平太窯さんのはきれい目な焼き上がり。


窯を焚いた時間も窯の中で置かれた場所もぜんぜん違うので比較できないですが

こんなにも違う焼き上がりで面白いですよね♪



d0114782_22173489.jpg



































上の写真は六平太窯さんの窯に入れてもらったもの。

火前の一番下の段に横に入れてありました。



d0114782_2219450.jpg






















灰が横向きに流れています。


流れた灰の色がとってもきれいです。








d0114782_2219533.jpg




































こちらは陶人社さんの窯に入れてもらっていた一輪挿し。


たぶん火前に近いところに入れてもらっていたのでしょう。

窯変して紫色になっているところもありコゲもいい感じ♪



ほぼ同じような日程で別々の薪窯に作品をいれてもらえるなんてものすごい贅沢な

ことですよね。


こんなこと、もう二度とないかもってくらいすごいです(^-^)


両方の窯にかかわったみなさま、本当にありがとうございました!!




今日もお付き合いいただきありがとうございます!!



窯焚き中のワタクシに応援の1クリックをお願いします~

  ↓            ↓

 人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2012-09-25 00:20 | やきもの | Trackback | Comments(0)

いじめはいけない。


最近、いじめについての報道がよく耳に入ってきます。


それを聞いていて思い出したことがあります。



私が小学校5年か6年のころのはなし。


友人3人くらいでいつも遊んでいる男子のカバンを隠したことがありました。



べつにいじめたいとか嫌いだから困らせてやりたいとかそんな気持ちは一切なく、

ちょっと困らせてやろう程度の気持ちだったと思います。



んでもって、それが担任の先生の知るところとなり、私たちは放課後の教室に呼ばれました。



そこでしこたま怒られました^^;


今思えば先生のジャッジは「いじめ」だったのでしょう。


怒られたことで私たちはひとを困らせるようなことはしちゃいけない、というのを学びました。


でも、自分たちには「いじめた」という認識は全くありません。

でも先生がいじめと判断したからこそしこたま怒られたのだと思います。



今は私が子供だったころとは事情が違いますが・・・


いじめている子供には「いじめている」という認識はないはず。

いじめられている方ももしかしたら「いじめられている」という認識が薄いかもしれません。


だから、「それはいじめだよ」もしくは「それはいじめの入り口だよ」と言ってくれる大人の

存在が不可欠なんじゃないか思います。


先生だけではなく周りにいるおとなみんなが困っている子を助けてあげられるように

なったら・・


きっといじめで悩む子は少なるなるんじゃないかな、と思います。


いじめ対策として教育委員会にたくさんの有識者を置くよりも子供たちに「これはいじめか??」など

直接生の声を聴くことが必要なんじゃないかと思ます。





今日はとーっても真面目な記事になっちゃった^^;


でも、いじめはなくなってほしい。ね。

つぎからはまたアホな陶芸ブログに戻ります~(笑)



今日もお付き合いいただきありがとうございます!!


しゃっくりがでて止まらないワタクシに(寝れるのか~。笑)応援の1クリックを

お願いします~

  ↓          ↓

 人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2012-09-22 01:30 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

それらしくなっていきます。

作業を進めていくと・・・


d0114782_21195878.jpg



















d0114782_21205412.jpg



















d0114782_21212624.jpg



















d0114782_21215371.jpg



















だんだんそれらしくなってきます(笑)



今日もお付き合いいただきありがとうございます!!





今日は軍手を1ダース買ってきたワタクシに(笑)応援の1クリックをお願いします~

  ↓      ↓

人気ブログランキングへ



 
[PR]
by toubounonki | 2012-09-18 21:25 | やきもの | Trackback | Comments(0)

薪窯の窯だし。



9月も中旬だというのに北海道も暑い日が続いています。

いつもならそろそろフリースを引っ張り出す頃なのですが(笑)。


さて、今日は先日の薪窯の窯だしお手伝いに行ってきました。


d0114782_22394140.jpg





















窯の前を崩して全容がつまびらかに!!(笑)

をを~!!灰がのってるのってる♪


一番下の段で横になってる壺はワタクシの作品。

火前ですが全く無傷でした。



d0114782_2247849.jpg



















窯から出したところです。

窯元の先生と私の作品が混然一体状態です。

今回は薪窯としては短い時間で焚きあげたのですがきちんと灰がのってました。

きれい目な焼き上がりです♪


窯変ででろでろりんになったのも好きですが(笑)、器として使っていただくには

ちょうど良い灰ののり方だったように思います。



それから・・・ちょうど窯焚きが同じくらいの日程になってしまった陶人社さん

の11周年記念イベントの薪窯。


こちらにもいくつか作品を預けてありました。


陶人社の柴田さん、お手伝いに行かれた作家の皆さん、お疲れさまでした!!

何もお手伝いできずすみません


こちらもどんな焼き上がりか楽しみです♪



窯だしから帰ってきて作品の後処理。

くっ付いてしまった道具土のハマをとったりやすり掛けしたり。


この作業にたのもしい道具が!!


以前にCERAMIC-STUDIO GAKUさんが紹介されていた

「ポリスター」。


この記事を読んで私も焼き締め作品があるのですぐに陶人社さんに注文しました。


作品をキズつけることなく口元のカサカサしたかんじなどを滑らかにしてくれます。


ほんとにおすすめ!!


陶人社さんの薪窯に作品入れてた方は柴田さんに注文してくださいね(笑)。




今日もお付き合いいただきありがとうございます!!



最近「アウトレイジごっこ」がマイブームな(意味なくガラがわるくなったりします。でも

びっくりされても困るのでおそとではやりません。笑)ワタクシに応援の1クリックを

お願いします~

  ↓       ↓

 人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2012-09-14 23:16 | やきもの | Trackback | Comments(2)

出番待ち。



d0114782_0595337.jpg


























窯から出してやすりをかけて


必要なところに水漏れ防止や汚れ止めを施して・・・


出番を待っています♪




今日もお付き合いいただきありがとうございます!!



細工中にカッターで指を切ってしまった(もっと安全なモデリングナイフがあったのに・・・涙)

応援の1クリックをお願いします~

 ↓      ↓

人気ブログランキングへ





 
[PR]
by toubounonki | 2012-09-13 01:03 | やきもの | Trackback | Comments(0)

最近の徒然。


この週末は小学校の陶芸体験のお手伝いがありました。


以前からブログを読んでくださっている方には記憶があるかもしれませんがここ数年

毎年行っている100人単位の陶芸体験。


今年は70人。


それでも体育館に机を並べてもらって生徒さんと保護者のみなさんが揃うとすごい人数です。


毎年参加されている方が多く子供たちも慣れたもの。

さくさくと出来上がっていきます。

手びねりが苦手な私より上手な子も多数!!



いつもの年より手を貸さずに皆さんの作品ができていたように思います。


d0114782_0114644.jpg





















さて。

話はかわりまして、数週間前から庭の餌台にけがをしたスズメがやってきています。


たぶん、片足の機能を失っています。


家の中から見ていてもわかるくらいの外傷があり、最初に目にした時にはきっと生きていくのは

難しいだろうと思っていました。


きっと結構な出血をしただろうし(鳥類は体を軽くするため哺乳類などより血液の量が少なく

ちょっとした出血が命取りになったりします)、ずーっと片足なので仲間と一緒に行動するのは

無理かも、と思いました。

野生は甘くありませんし・・・。



ここ数日、登別は警報が出るほどの大雨。


どこでこの天気をしのいでいるのだろう・・・と心配していたら、小雨になった時に我が家の庭に

来ていました。


他のスズメたちとちょっと距離を置いて庭木にとまっていました。



・・・よかった。生きてた。


夏場はなるべく餌を出さないようにしているのですが、今年はこの子のために餌を出しておいて

あげよう、と思ったのでありました。



そして・・・窯小屋の裏にたくさん実をつけたブラックベリー。

d0114782_0231072.jpg


















相方がジャムにしようと取り掛かったのですがブラックベリーは種がけっこう大きいので

そのままでは口触りが悪いためざるなどで濾します。


しかし・・・実まで濾してしまってジャムにならず液体状態のまま。


もっと煮詰めようか、と相談しましたが結局そのままシロップにすることにしました。


水や炭酸で割ってブラックベリージュースに♪

カルピスに入れてもおいしかったです~。


けがの功名なかんじ(笑)。


でもおいしかったからいいか^m^


ここ数日、こんな感じでございました~。


本焼きもしてお仕事もがんばってます♪



今日もお付き合いいただきありがとうございます!!



庭の雑草は見ないふりすることに決めたワタクシに(ムラサキツユクサに占領されてる!!爆)

応援の1クリックをお願いします~

   ↓          ↓

  人気ブログランキングへ






















純粋に土いじりを楽しんでいる子供たちをみていると、「モノを作るっていうのはまずは本人が

楽しんでないといけないな」とちっちゃな気づきが。


仕事だから楽しいことばかりではないけど、楽しむ気持ちは忘れちゃいけないな、と思いました。




話は変わって
[PR]
by toubounonki | 2012-09-11 00:35 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

今さらだけど。



少し涼しくなってきた登別です。


薪窯のお手伝いが終わって家に帰ってきて、靴を脱いでしまうといやになると思い

お手伝いの前の日に焼いた本焼きの窯だしをしました。




薪をガンガン投げ入れ、ワイルドな火の仕事を見てきたあとだったので

自分の窯から出てきた作品たちがなんだか「もやしっ子」のように

頼りなく見えました(笑)。



でもこれがいつもの仕事。


薪の窯では目の当たりにできる火の流れや、火の粉が作品にくっつき灰が熱によって

自然釉となる不思議を見ることができますが、

普段自分がやっている仕事の中では化学反応の不思議や作り方の違いからくる焼き上がりの

違いなどを見ることができます。なんでこうなっちゃうの??と思うこともたくさん。


薪窯のように焼いているときに中を見ることはできないのでどんなことが起こっている

かは想像するしかないので化学のお勉強が苦手だった私にはちょっとしたことで結果が違ってくる

やきものの世界、この世界に足を突っ込んでしまったことに「どうしてこっちに進んじゃったんだ

ろ??」と考えてしまうこともあります(ま、見えててもわかんないけど。笑)。


直感で動いてしまうO型の定めか(爆)、化学が苦手なことなど考えもせずに土が形になるやきものづくりに

夢中になってしまった自分に今更ながらちょっと呆れてもいます(笑)。



必要以上にこういうことは考えないようにしたい、と思ってますが薪窯のお手伝いは

私にとって陶芸についていろいろなことを考えてしまうかなり影響力のある出来事なのでした(^-^)。




d0114782_12534134.jpg





















窯から出てきたくまちゃんのお皿(直径15センチくらいです)、明日大和屋札幌月寒店さんに

納品させていただきます♪



今日もお付き合いいただきありがとうございます!!


気に入ってよく履いている仕事用ジーンズのお尻のところが擦り切れて破けちゃって

リアルダメージジーンズになってしまったけど今日も履いているワタクシに(爆)

応援の1クリックをお願いします~

  ↓       ↓

 人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2012-09-06 13:02 | やきもの | Trackback | Comments(2)

薪窯。

薪窯のお手伝いが終わりました。


窯焚きは3人でやっていたため、かなり睡眠不足。

暑さと熱さにも体力を奪われてほんとうにぼろ雑巾状態(笑)。


終わったあと家に帰りお風呂に入ってビールを飲んだあとの記憶はありません(笑)。

計算してみるとざっと14時間くらい寝てたようです^^;


でももう復活して素焼きしてます^m^


最初の火入れは窯の持ち主の先生にお任せして、わたしと相方はその5時間後に行きました。


最初は下の焚き口からゆっくり窯と作品をあぶっていきます。


d0114782_2124575.jpg





















火の粉が飛んで作品にぴたっ、ぴたっとくっついていきます。


少しずつ少しずつ温度を上げていき、窯の中の炎が多きくなって窯の後ろへと

流れていきます。


火が流れていくさまは本当に芸術的。

なかなか写真に撮るのは難しいです(ってか、無理。笑)


d0114782_2136620.jpg


















d0114782_21363568.jpg




















d0114782_2137611.jpg






















窯の温度が高くなると長い時間の薪入れは無理なので3人で少しずつ交代。


大きな扇風機を用意してもらって薪を入れてはその前で自分を冷やす、の繰り返し(笑)。



キツイけど、楽しかったし「やきものってこうやって焼けるんだ」っていう確かな実感。


色見を引出し、薪入れをやめる時間を決めて焚き口をふさぎます。


ここの先生の窯は「二の間」もあるので前の焚き口をふさいだら二の間の横から薪入れ。


あとは火の神様にお任せするだけ。


どんな焼き上がりになっているのか、楽しみです♪



d0114782_21441097.jpg





















最後は薪運びに薪入れと大活躍だった相方のにっこり写真を(笑)

d0114782_2145686.jpg






















今日もお付き合いいただきありがとうございます!!



窯の焚き口に手を突っ込みすぎて皮手袋から煙が出ていたワタクシに(爆)

応援の1クリックをお願いします~

  ↓       ↓

 人気ブログランキングへ



 
[PR]
by toubounonki | 2012-09-03 21:49 | やきもの | Trackback | Comments(4)

「陶房呑器」陳野原 久恵の のんびりのんきなやきもの生活ブログです。


by toubounonki
プロフィールを見る
画像一覧