吐露。



今日は私の近況について。


あんまり明るい話ではないので最初にあやまっときます。

すみません・・・。


私は普段、「そんなの絶対有り得ない!!」とよく言われる環境で生活しています。

それはどういうことかというと、

「相方の父親(つまり、お舅さん。以下義父)と二人で暮らしている」ということ。

相方はいわゆる単身赴任で週末だけうちに帰ってきます。


そして、義父は今年米寿。超おじーちゃんです。戦争も行っている世代です。

元気で頭もしっかりしている義父ですが、二人の年代が違いすぎなこともあり

理解しあうのは至難のワザ。しかも超マイペースときてます(笑)。

他人に話せば「かわいーおじーちゃんだね~!!」と言う話も当事者としては

まるでチリが積るようにすこーしずつ、心の中に積っていき、笑い話にできるまで

かなりの時間を要します。


そんな義父が22日に手術をしました。

すぐに命に関わる手術ではありませんが、大腸がんの切除です。

我が家にとって大事件ですよね。


今日、腸にトラブルがありましたが、年齢を考えると比較的順調な経過だと思います。

しかし・・・なぜ病院と言うところは人の生気を吸うのでしょうね(爆)。

たいしたことしてないのに、長時間病院にいるとなんだかどよ~んとなっちゃいます。

d0114782_2258843.jpg


そしてそれに伴い、私の心の葛藤があります。

「病人なだんからやさしくしてあげないと」

と思う自分と

「先生や看護士さんには、はいっ!っていい返事しといてなぜ後から私に毒を吐く??」

とか

「その超マイペースには付き合いきれない」

と義父のことを突き放して考えている自分と

二人の自分がいます。


そのことがさらに私をストレスの沼へといざないます。

気をつけていないと私の心のやじろべえ君が傾いて落っこちてしまいそう。


いつもステキな絵手紙を書いてくださるDONさん

がブログで紹介していたくまのふうこさんの本

詩集なのですが、ご家族や周囲の方への愛情があふれていました。

この本を読んで・・・

「家族とは」なんて普段考えないことを考えました。

血のつながりがすべてではいと思うけど、血のつながりは重要なことでも

あります。

自分の親と同じ接し方はできません。

ケンカはしたことありますが(それだけでもすごいと思うけど・・・汗)、自分の親の

ようにはいかないし・・・。

耳が遠いことをいいことに都合の悪いことは聞こえないふりをされることに(ほんとに

聞こえてないのか、聞こえてるのに聞こえないふりをしてるのかは一目瞭然なんです。笑)

ぶちきれた日も。

こんな話はどこにでも転がっている話ですが、

どこか冷めていてやさしく接する事ができない自分の器の小ささを呪うのでありました。

d0114782_23175749.jpg


こんな話をせずに明るい話題で記事を書くこともできるけれど

けっこうな家庭的大事件のなかにいるのに、それに触れずに明るい記事を

書く、というのがなんだかワタクシらしくないし、自分にうそついてる感じがして

できませんでした。


あ~ぁ、毒吐いちゃった(爆)。

でも・・・・救いの言葉もありました。

昨日お見舞いに来てくれたおば(義父の妹)が「仕事を持っているんだから

一人でムリするんじゃないよ」といってくれたこと。

たぶん、義父も相方もわたしがやきものを作っていることをきちんとした仕事、とは

認識してくれないのでこのおばの言葉はとてもうれしいものでしたよ。


今日もお付き合いいただきありがとうございます。

最後まで読んでくださったみなさま、暗い気持ちにさせてしまっていたら本当に

すみません・・・。

でも、義父も私も大丈夫です!!

私は吐露したことですこし楽になったし(笑)。


家庭的大事件がいい結末を迎えられるように応援の1クリックをお願いします~。

    ↓     ↓
 
  人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2008-07-25 23:30 | 日々のこと | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://nonki1021.exblog.jp/tb/8340136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ウイッチ at 2008-07-26 00:14 x
たまには毒も吐かないと・・・・私も以前ママの病院毎日通っていて・・・病院は元気な人のエネルギー吸っちゃうんだな・・と。早く退院できるといいね。
Commented by utsuwatabi at 2008-07-26 01:57
「ありえない」と言われる環境の中で、がんばってきたんだね^^
辛いときは「つらい」と言っていいんですよー!
我慢がたたると元気な自分を蝕まれますからね^^;


Commented by DON at 2008-07-26 06:54 x
「相方の父親(つまり、お舅さん。以下義父)と二人で暮らしている」ということ。・・・・・・知りませんでした。
のんきさんの人柄、いつも明るく接してくれるので、凄い人だなぁと
妻と話しているんですよ。
大変な時もありますよね。
妻は84歳の両親の食事を毎日作ってお世話してます。
本当の親子だから、好きな事いって、気遣いながらも
上手にストレス発散してます。
私も職場から帰ってきたら、自分の家に帰る前に必ず寄って
世間話をしてから、妻と一緒に家に帰ってきます。
でも、ずっと一緒にいると見たくないことや、言いたくないことまで
大変でしょうね。
頑張ってください。
何も出来ませんが、応援してますよ。
ブログと本のご紹介ありがとうございます。
ふうこさん喜びますよ。
Commented by のりこ at 2008-07-26 10:49 x
毒は早めに吐ないと取り返しの付かない事になりますよ。

病院通いは大変です。
元気な人も、そうでなくなるウイッチさんの言うとおり

私も相方のお父さんを最近亡くし、1人残されたお母さんが超マイペース
一緒に住んでないし、
仕事してるの解かっているから無茶なことは言わないけど
普段1人で家にいるので、
私が遊びに行くとマシンガントークの嵐が待っています。

落ち込んで寝込むより、ずっと良いのですが・・・
まぁお互い上手にお付き合いしてるし
女同士だし、エミゴンみてもらえるし
悪いことばかりじゃないので、何とかやってます。

その分、自分の親との時間が少なくなりますが・・・
Commented by mofura at 2008-07-26 13:23 x
その人のことを大切に思っても、24時間途切れることなく優しく接することは無理だと私は思います。少なくとも私はそうです~。
自分自身を大切にした上で、気持ちの余裕があるときに人に優しくできるものだから、出来ないことがあっても、相手に腹をたてても、ぶちぎれても(^^・・・その方が人として正常だと思います。
相方さんのお父さんと二人で暮らすことを受け入れてるのんきさんは、それだけで尊敬もんです。相方さんもきっと感謝してると思います。
さあどんどん解毒しましょう~~
・・・・・・・・・コピーロボット欲しいですよね。
Commented by toubounonki at 2008-07-26 14:58
◇ウイッチさん
そうなんだよね・・・。
普段あまりに元気で縁がないところだけに吸われちゃってます。
ただ、今回主治医の先生が1年以上診察してもらている先生なので
比較的話しやすくて助かってます。
Commented by toubounonki at 2008-07-26 15:03
◇utsuwatabiさん
がんばってる・・・というほどのもんじゃないけど、たまに現実を受け入れ
がたい時もあります。
陶芸と、支えてくれているみなさん(ここに遊びに来てくださる方も含めて)がなければ
つぶれてしまっていたかもしれません。
ガマンしすぎはしないようにしようと思います(きっと被害を受けるのは
相方。笑)。
Commented by toubounonki at 2008-07-26 15:09
◇DONさん
義父のこと、普段お知らせするようなことでもなかったので・・・(笑)。
相方が病院交替してくれたのでさっき自宅に戻りました。

奥様、すばらしいですね・・・。
その上、ご婦人としての気品もしっかりと保たれて。
とってもステキな方ですね♪
DONさんも奥さんのご両親を気遣っていらっしゃるのがよくわかります。
お二人の笑顔がきっと奥さんのご両親の「元気のもと」なんでしょうね。

DONさんのおっしゃるように一緒に暮らしていることでお互いに
苦い思いをしているところはあると思います。
どこまで許容できるか・・・なのでもっと広い心で接することができるよう
ふうこさんの本を時々読み返していこうと思ってます。
Commented by toubounonki at 2008-07-26 15:14
◇のりこさん
私も別々に暮らしていれば笑い話で済ませることができることが
たくさんあると思います。
私は親がはなれたところにいるので年に1,2回会うことができるくらい
ですが、また母が一緒に住んでいたりすればそれはそれで
いろいろ出てくるんだろうなぁ。

不満がない生活なんてめったにないから、もっと大変な人たちのことを
思って、がんばっていかなくちゃいけないね!!
Commented by toubounonki at 2008-07-26 15:19
◇mofuraさん
いや~、ほんとパーマン欲しいですわ(笑)。
パーマンを家において、ドラえもんからどこでもドアを借り、もふらさんとこに珈琲のみに行く・・・。
そんなことができたらたちまちストレスフリーですね(笑)。

やさしくできない自分が出てくるたびに「おまえ!!ちっちぇえ!!」と
自分で思うのですが(爆)、いつもやさしくできなくても正常と言ってくださってうれしいです(泣)。
ちょっとほっとしてます。
・・・やっぱちっちぇえ??(笑)
Commented by かっきー at 2008-07-26 16:40 x
ちっちぇくなんかないのでどうかご安心を(笑)。
こう言ってはなんですが「出来ることをするしかない」と思います。
やさしく出来ない時は、無理にやさしくしてあげなくてもよいのでは?
たぶん充分がんばっていると思うので、くれぐれも無理をしないでね。
相手がマイペースなら、こっちもマイペースで行きましょう!
Commented by Potter-Y at 2008-07-26 22:38
四六時中いつでも優しく笑顔で...なんて、
そんな神様・仏様みたいな人はいませんよ~。
任せられるところは任せて、
毒はたまる前に小出しにしていきましょう!
Commented by toubounonki at 2008-07-27 01:07
◇かっきーさん
コメントありがとね~!
私は以前からけっこう身内に厳しいところがあるようなので
それも踏まえて自己嫌悪に陥ってしまいがちです。

でも・・・つぶれちゃったら終わりだよね。
自動車のハンドルのように少し「あそび」がある自分でいられたら
いいな、と思ってます。
かっきーのお父様のこともご無事に済みますように。
Commented by toubounonki at 2008-07-27 01:11
◇Potter-Yさん
やきものに全然関係ない記事ですみません・・。
このブログをみてこんなにコメントもいただき、そしてメールや電話も
もらい本当に感謝してます。
この感謝の気持ちを義父にも分けてあげられる気持ちの余裕が
できたらいいな・・とは思っていますが、どうも毒が出ちゃって・・・(爆)。
落ち着いて考えられる日がくるといいな・・・と願ってます。
ゆっくりろくろできる時間でもあれば少し落ち着くんでしょうね(笑)。
Commented by nagomi-perori at 2008-07-27 02:41
私なんて自分の親でさえイラっと来ますよ…(^_^;
優しくしなきゃなーとか、親孝行しなきゃなーとか思うけど、
いざ、会うとどうしても冷たくしたりしてしまいます。
実家に帰るのも、「うまくやっていけるのかなー」とかなり心配です。
呑器さんはお舅さんで、しかもかなり年代が離れてることもあって大変ですよね…。
本当にえらいなぁと思います。
呑器さんからいつも感じる「器の大きさ」はそういう環境という事もあるのかな~と思いました。
時には毒をはいて下さいね!!
Commented by ぴよ at 2008-07-27 14:36 x
私は娘にすらイライラしますよ
やっと1歳で言葉も何もわからないのに怒鳴ることも・・・
自己嫌悪にも陥りますが、親も人間ってことで

呑気さんのお話、うちの叔母と似ています
言っても聞こえないふりをするとかマイペースとか
頑張りすぎないで欲しいです
毒でも吐いてすっきりしてください
Commented by きなこ at 2008-07-27 22:01 x
私の実家も3世代同居だったので、子供の頃から
いろんなことを見てきましたが 多分どんなによくできた人たちでも
100%両方が満足できる素敵な同居なんて ないんだと思います。
それでも自分の中の毒を抑えようとする呑器さんはエライ!
呑器さんが限界迎えちゃう前に、少しでも吐き出して
自分をかわいがってあげてくださいね。
これからも病院通いや看病など大変でしょうから
いくらでも愚痴っちゃってください!
Commented by kozakurapon at 2008-07-28 00:16
すごい。舅さんとふたりきりなんて・・・。
どうでもいいような本当に些細なことが降り積もって爆発してしまうんでしょうね。
あんまりにも些細すぎて怒ることも文句いうこともばかばかしいから、余計に気になるし発散できない。
お互いに仲良くしたいとは思っているはずなんでしょうけどね。
たまにはこんな場で愚痴ってみるのもいいんでないかな~。
Commented by toubounonki at 2008-07-28 05:28
◇nagomi-peroriさん
しばらく離れて暮らしていると自分の親でも「慣性」がないので
うまくかみ合わないことも出てきますよね。
私もそうですが、やきもの作っていると家にいる時間が長いから
余計に細かい摩擦があるのかも。
それは義父からみてもおんなじことだとは思いますが(汗)。

何事も円滑にいくアイテムがあったらどらえもんのポッケからだして
ほしいですね(笑)。
Commented by toubounonki at 2008-07-28 05:32
◇ぴよさん
お子さんを育てている方に比べたら私の話なんかなんてことない
事と思いますが・・・。
お子さんを産み育てる。私にとってはそれだけで尊敬に値することなんですよ~。

「自己嫌悪」っていうのも気持ち悪いものですよね。
細かいことに目が留まらないように走り続けていたほうが
いいのか・・・でもそれじゃ倒れちゃいますよね(笑)。

ぴよさんが言ってくださるようにがんばり過ぎないようにしますね。
ありがとう♪
Commented by toubounonki at 2008-07-28 05:41
◇きなこさん
親子とか夫婦とかどんな関係であってもいろんなことはありますよね。
頭じゃわかっていても現実を目の前にするとそんなこと忘れちゃって
いらいらしてしまったりします。
幸い「臨界点」までガマンできませんでした(笑)。
臨界点に達する前に記事書いてよかったな、と思ってます。
きなこさんをはじめみなさんのコメント、へなちょこな私にたくさんの栄養をくれます。
実際、大変なのはきっと退院した後じゃないかな・・・。
それまでに気持ちを整理できていたらいいな、と思ってます。
Commented by toubounonki at 2008-07-28 05:48
◇kozakuraponさん
まさにおっしゃるとおりで取るに足らない小さな事が多いのでいちいち怒ったり文句言ったりもばかばかしいです。
でもその些細なことが気持ちのトゲを成長させるんでしょうね。
そしてそんな小さなことでトゲを育てている自分がいやになる・・・
その繰り返し。

記事を書くまで「どうしよう・・・こんなこと書いちゃっていいのかな」と
悩みましたが書いてみて良かったです。

遠くからでも「念」をもらっているかんじ(笑)。
ありがとうございます~。



<< 片口普及推進委員会その後。 メンテナンス。 >>