ワーキングブーツ!!

さむーい季節がやってきました。
日本のどこにいても冬のやきもの作りは「寒い」と「冷たい」との戦いだと思います。

仕事場においてあった土・・。
練ろうと思って触ったら氷みたい!!(予想はしてたんだけど予想以上の冷たさ!)
土にビールを突っ込んでおいたらきっとすぐに冷えますよ(笑)。

そんなワタクシにつよーい味方。
d0114782_208761.jpg

あったかーいラバーブーツです!!
え??こんな大げさな靴はいてどこで仕事するのかって??
とーぜん仕事場です(爆)。

はっきり言って釣具屋さんで調達してます(笑)。
布地の靴だと土で汚れて取れないし、普通の長靴だとぺらぺらで足が冷たくなっちゃうんです。
・・・なので「気分はわかさぎ釣り」のこのブーツがベストでございます。

しかし、このブーツ、ひとつだけ欠点があります。
それは・・・・・
ロクロのペダルが思うように踏めない
(爆)。

前回の記事で私の今年の漢字は「考」と書きましたが、自分の作るやきもののことも
立ち止まって考えてはちょっとだけ進み・・・の繰り返しだったような気がします。

変わってもいいのか、変わらないほうがいいのか・・・。

昨年あたりから何人かの方に「前に作っていたものの方がよかった」とか、
「今のは好きじゃない」といわれるようになりました。
モザイクなどの模様を入れるようになった時期にぴったり一致します。

よく考えると「前の方がよかった」というお客さまには共通点がありました。
それは白御影土を使いそれに透明釉を掛けただけのシンプルなものがお好きだったということ。

白御影土は今でも使っています。この一輪挿しもそうです。、これは外側に釉薬かけてませんが・・・。

ただ、私のなかで「使い方」が変わってきています。
他の土と組み合わせて使ってみたり、マット径の釉薬をかけたり。
シンプルな透明釉のみの器も好きだったのですが、「これなら誰でもできるんじゃないか」と
思いました。
自分なりの模索の結果(あ、モサクの歌思い出しちゃった。爆)ですね・・・。

みなさまご存知のとおりチキンなので、自分の変化を受け入れてもらえなかったことにショックを覚えました。
ちょびっと進化したつもりの「呑器」にダメだしされ、「変わることはいけないことなのか・・・」とも思いました。

d0114782_2195885.jpg


今年になってからでしょうか・・・。
今のモザイク模様などの作品についてお褒めの言葉をいただけるようになったのは。
もちろん少しずつですけどね(笑)。

江別のやきもの市では今まで作っていたシンプル系のものよりモザイク模様などの
新しいデザインのものが先に売れ、正直ほっとしました。

もの作りをする、というのは自分を貫くとか、自分がステキだと思う方に進むとか
自分自身の判断がとても重要です。
それは周りの意見に流されずゆるぎないものでなくてはなりません。

でも・・・考えてしまいます。
人の評価が気になります。
ステキだと思っているのは自分だけなんじゃないか、という場違い感に襲われます。
そしてほめられると安心したりします(爆)。

・・・いや~、自分で書いてても「なんてひどいチキンぶり!!」と思いますが(爆)、
似たようなことで悩みながらもの作りしている方、いらっしゃるんじゃないかなぁ・・・。
(チキン仲間、求む。笑)

出発したころは怖いもの知らずだった陶芸の旅も進むにつれて思いもよらない
怖いものがたくさん出てきますね。
どんどん深い森の中へ・・・。

・・・とこんなふうに考えてばかりの一年でした!!
来年はチキンからダチョウくらいになりたいなぁ・・・(爆)。

今日は長々と悩み深い記事にお付き合いいただきありがとうございます!!

ダチョウに成長希望のワタクシに1クリックの応援をお願いいたします~。
           ↓  ↓  ↓
        人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2007-12-14 21:40 | やきもの | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://nonki1021.exblog.jp/tb/6738080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Potter-Y at 2007-12-14 22:09
ダチョウだと急に変わりすぎ!?なので七面鳥くらいで。(笑)
作り手からすると間違いなく最近の作品の方が好きですが、
買われる側の意見はさまざまですからねぇ...。
自分の信念を貫くことも大事ですし、
人の意見に耳を傾ける柔軟さも必要ですし。
結局100%自身をもててる人なんて少ないと思いますが、
自分らしいものを作れたらいいかなぁなんて考えてます。
その「自分らしい」って...なんて考えるとまた堂々巡りです。(爆)
Commented by 山王窯陶芸家的田舎生活 at 2007-12-14 23:07 x
ヤッパ!焼き物屋さんにはこれですよね!必需品。
僕も以前は履いていました。 それから、今は厚手のオーバーパンツを仕事着代わりに履いてます。 足から冷えてくるのでご用心。
ところで、リンク張ってもいいですか?
Commented by utsucoco at 2007-12-15 21:29
なんと。作業場相当寒いんですね。
うちも粘土暖めてからやってますが。
この時期になると、作品の乾きが遅くて、仕事のペースがぐっと落ちますね。
ストーブ周りに茶碗が並んでたりしませんか?(笑)

私も今年はずいぶん作風をかえたりしたので、のんきさんと同じような
悩みが。
でも、誰にでも作れるような作品だと自分で思ってしまったら
その作品を作ることに興味がなくなってしまうような気がします。
私は、自分のやりたいもので突き進むのだ!と自分に言い聞かせてます。

Commented by toubounonki at 2007-12-15 22:31
◇ Potter-Yさん
そうですね(笑)。やっぱ大きくなるプロセス踏まなくちゃですね(爆)。
モノをつくっていると結局「自分らしい」というキーワードで
悩むことになるんだなぁ、と私も思います。
自分では自分らしいってなかなかわからないですもんね。うん。
Commented by toubounonki at 2007-12-15 22:34
◇山王窯さん
こ、腰大丈夫ですか~??お大事にしてくださいね。
実はこれ、二足目なんです。
オーバーパンツもはいているのですが(もちろん裏フリースです。笑)
この靴はいてるとオーバーパンツのすそが上がってしまい、ちょっと
困っています。
リンク、どうぞどうぞ~!!私も貼らせてもらいます~!!
Commented by toubounonki at 2007-12-15 22:46
◇utsucocoさん
私の仕事場はユニットハウスなので冬寒いんですよ~(涙)。
下の方からじわりじわりと寒さが上がってくるので、足元には十分注意をはらわなければなりません~(笑)。
作品の乾きも遅いですが、土たちだけの為にたくストーブもこう灯油が高いと物悲しいものが(爆)。

ウツココさんもいろいろお悩みだったのですね・・・。
やきもの作っていると悩みはつきないですよね。
確かにあまりにシンプルすぎる工程に興味が薄くなっていたのはありますね。このシンプルな工程で自分らしさを出す自信もありませんでした。

作品を一目みて「これって呑器さんの作品ね」ってわかってもらえることへの憧れもあったと思います。
自分のやりたい方向へシフトした結果が今の作風だとは思うのだけど
そうは思いつつもこんなふうに悩み続ける自分がいるんでしすよね・・・。
Commented by Serena_fiona at 2007-12-15 23:20
すごく良く分かります。
やればやるほど、悩みが深くなります。
まだまだ駆け出しなのですけれど。
呑器さんはじめ、周りの皆さんに励まされている面が沢山です!
最終的には自分を信じるしかないんですよね~・・・
Commented by てると at 2007-12-16 08:18 x
断熱シートというのがあるようです。
その上に絨毯を敷いたりすると抜群に温かくなるようです。

仕事場だと絨毯は使えませんが、何か方法があるのではないでしょうか。


Commented by toubounonki at 2007-12-16 20:29
◇Serena_fionaさん
私も今まで一人で悩んでいたことをブログで皆さんに読んでいただき、
そしてコメントいただいたりで励まされてますよ!!
ありがたいな~と思ってます♪

きっとどこまで行っても悩みは尽きないんでしょうね。
時にはかなーりグチっぽいこともあるかと思いますが、
これからもお話聞いてくださいまし~!!

Commented by toubounonki at 2007-12-16 20:31
◇てるとさん
仮設なので仕事場の床の水平もやばくなってきてます(汗)。
水平ちゃんととって、そのついでに断熱材入れたいです~。

来年はそこら辺も考えてばかりいないで行動しなくちゃ、と思ってます。


<< 徒然なる雑談。 ご指南いただく。 >>