3月11日。



あの日、今と同じようにはしもと陶芸館さんでろくろをまわしていました。



大きな揺れではありましたが、事の大きさを知ったのは家に帰ってから。


家に一人の夜。


余震が怖くて、パジャマに着替えられませんでした。


災害は誰の身にも起こり得ること。



それでも私は私の日常を生きています。


生きていること、考えることができること、好きなことをしていられること。

これが普通ではなく、スペシャルなことなんですよね。


でも、当たり前に明日がくる、と思っていることも事実。


陶芸は出来上がるまでに日にちがかかるため、仕事も少し先のことを考えて

するので、「明日が来ない」ではどうにもなりません。


毎日、「明日が来なくてもいいように」生きるのは無理かもしれませんが

伝えられなかったことを後悔しないように「ありがとう」はきちんと

伝えようと思います(^-^)



d0114782_00250132.jpg

































今日もおつきあいいただきありがとうございます!!




人気ブログランキングへ




2017.3.11

[PR]
by toubounonki | 2017-03-11 00:43 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nonki1021.exblog.jp/tb/23947730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 4月のお知らせ。 もふきた、ありがとうございました!! >>