ハシビロコウの花器。



ハシビロさん、焼けました。



d0114782_039112.jpg




































くちばし部分の釉薬が少しめくれてしまったのが残念ですが^^;


一応・・・・お花器ですが、これに花を入れようっていう方はいないのではないかと(笑)。




ハシビロさん以外のこげ茶のところ、うまい具合に錆びた金属みたいなかんじになりました♪






d0114782_039799.jpg
























んでもって、焼きあがったハシビロさんを車の後部座席に積み、シートベルトしてお出かけ。



d0114782_039926.jpg




























登別美術協会公募展の会場へ。



展示スタンバイOK!!



16日から19日まで公募展を開催しております。


美術協会の会員作品、公募展の入選、入賞作品が展示されております。


入場無料ですのでお近くの方に足を運んでいただけると嬉しいです(^^)




◇第36回登別美術協会公募展◇

   会期  10月16日~19日  10時~17時(最終日は16時)

   場所  鷲別公民館 2階ホール  (登別市鷲別町3丁目3-4)

   


d0114782_0391253.jpg





















目つき悪いです~(笑)。




今日もおつきあいただきありがとうございます!!



人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://nonki1021.exblog.jp/tb/21212296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuma at 2014-10-16 11:56 x
すごい存在感ですね…花活けるときに突かれそうな勢いです(笑)
「錆びた金属みたいなかんじ…」の言葉に、つい、反応してしまいました。
差し支えない程度で、錆びた感じの釉薬に対するお考えを、
聞かせていただけませんか?
Commented by toubounonki at 2014-10-16 23:07
◇kumaさん
ほんとに目つき悪いですよね(笑)。
昨年もハシビロさん横向きの壺を作ったのですが、「金属みたい」とか「何か金属をぬっているのですか??」とか「これはほんとにやきもの??」などけっこう不思議がられる方が多かったです。
この作品は炭化焼成しています。少し鉄分が多めにブレンドした土にさらに弁柄をぬりその上からマット釉をうすくかけています。
酸化や還元だとどうなるかはやっていないのでわかりませんが・・・。
よかったら試してみてください(^o^)
by toubounonki | 2014-10-16 00:56 | やきもの | Trackback | Comments(2)

「陶房呑器」陳野原 久恵の のんびりのんきなやきもの生活ブログです。


by toubounonki
プロフィールを見る
画像一覧