光と影。




ものごとには


光があたる部分と影の部分があって、ウラとオモテもある。




それは真逆のことにも思えるけど、一つのものを違う視点から視てるだけ。



だから、どちらかいいわけでもなく悪いわけでもない・・・。





そんなふうに思えるようになったのはやっぱり人生が長くなってきたから(笑)なのかな??





d0114782_2175842.jpg








































陽があたって美しい色彩が際立つ植物もいいけれど、逆光でシルエットを楽しむのも

悪くないですよね。




曲線の一輪挿しに入れたけれど、直線的なラインの一輪挿しだと

雰囲気が全然違ってくるんだろうな・・。




それにしてもなんてステキな枝の自然な曲がり具合。


植物って天才的なセンスを持ってるな、と思います(^^)





今日もお付き合いいただきありがとうございます!!



人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://nonki1021.exblog.jp/tb/20837103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuma at 2014-06-23 11:26 x
自然から学ぶ形が作品に反映されるといいのですが…
時々、崩れた山肌の土の表情を見て「こんなテクスチャーがいいな」と
作ってみると、どうしても作為的になり…
制作するということ自体、無作為ではなく、
やっぱり自然には勝てないのですね…
などと言うと、アーティストみたいですが、ただのパーマ屋です…爆
Commented by toubounonki at 2014-06-24 09:38
◇ kumaさん
私も自然のテクスチャーを真似しようとして失敗したこと、何度もあります。
「無作為」を作るっていうのことがとても難しいっていうか、むりなんだろうな、と思います。
だから自然の景色にめを奪われるんですよね、きっと(^^)

髪型をデザインして、それを技術であらわすんですから、 美容師さんも立派なアーティストだと思いますよ♪
by toubounonki | 2014-06-23 02:29 | やきもの | Trackback | Comments(2)

「陶房呑器」陳野原 久恵の のんびりのんきなやきもの生活ブログです。


by toubounonki
プロフィールを見る
画像一覧