おもてなしの心。



ほんのちょっと茶道の体験をさせていただきました。



おけいこなんてほど遠く、所作なんてなにもかもうまくできず(当たり前か・・・)、ただただおいしく

お菓子とお茶をいただいただけ^^;




でも、この時間を通して「おもてなしの心」ということを少しだけ理解することができたかも

しれない、と思いました。



そして、もてなしていだたく側も「もてなしていただく心」が同じように大事なんだな・・・と感じました。



茶道に触れている方々には当たり前のことだと思うのですが、私にはとても新鮮というかたくさんの気づき

がありました。



お忙しいのに「初めてのお茶」のためにお部屋をしつらえ、準備をしてくださりお付き合いくださった方々に

感謝。





でも・・・足がしびれてしまって最後は体育座りになっちゃってました^^;


あぁ、情けない(爆)。






d0114782_08745.jpg



























写真を探していたら大好きなウドの花と焼き締めの一輪挿しの写真を見つけました♪



あー。はやくあったかくならないかな(^^)






今日もおつきあいいただきありがとうございます!!





人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://nonki1021.exblog.jp/tb/20437441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuma at 2014-03-08 14:54 x
茶道の世界…奥が深くて、
わからないことだらけなんですよねぇ…
私…正座をすると右ひざに水が溜まるので、チョット苦手です(笑)
でも、器を作っていると、茶道の心得くらいは多少、
知っておいたほうがいいのではと、最近思っています。
お茶席なんかで立ち居振る舞いがちゃんと出来たら…
何げに…カッコ良さげ…ですよね(笑)
Commented by toubounonki at 2014-03-08 20:10
◇kuma さん
ほんとに奥が深いですよね。陶芸だけでなく工芸全般のお勉強が必要になり歴史の勉強もしなくちゃいけないですよね^^;
お茶をいただいて、点ててみて、お茶碗の最低条件っていうのがあることを知った・・・そんな感じです。
お茶席で男性がきりっとした立ち居振る舞いなどされたりするのに遭遇したらもうそれだけで尊敬しちゃうと思います(笑)。
by toubounonki | 2014-03-08 00:11 | Trackback | Comments(2)

「陶房呑器」陳野原 久恵の のんびりのんきなやきもの生活ブログです。


by toubounonki
プロフィールを見る
画像一覧