焼きしめデミカップ&ソーサー。




焼きしめの窯を開け、また詰め込んでただいま窯焚き中。



今まで作っているもので在庫がなくなったものなどを焼きました。



d0114782_245653.jpg
























デミカップとソーサー。


これも新しい作品ではありませんが在庫がなくなり久しぶりに制作。



デミカップってちょっとちっこくてかわいいですよね♪


焼きしめの渋いものでも普通のサイズのものと比べるとかわいく見えます(笑)。



d0114782_243538.jpg



























焼きしめを焼くときに一緒に窯に入れていた貝殻。

シロ貝とホタテの稚貝です。


今回の窯は1260度前後の温度まで上げたのですが、そんな高温で焼いても貝たちは

形を残しています。


もちろん焼く前の硬さはなくなり、握ると「さくさくっ」というかんじで崩れますが。



この貝たちが焼きしめのうつわにいろいろな風合いを出しているってほんとに不思議です。




今日もお付き合いいただきありがとうございます!!



おなかを壊してひさしぶりにおかゆを食べたワタクシに(もう大丈夫です。爆)応援の1クリックを

お願いします~

   ↓           ↓

人気ブログランキングへ





 
[PR]
トラックバックURL : http://nonki1021.exblog.jp/tb/18843002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuma at 2013-06-02 13:24 x
初めまして
「焼き締め…」に食いついてしまいました(笑)
貝殻は器の上に置いて、焼くのですか?
それとも、離して入れるのですか?
差し支えなければ、お教えください。
Commented by toubounonki at 2013-06-02 23:24
◇kumaさん
はじめまして)^o^(ブログに遊びにきてくださりありがとうございます。
人によって焼き締めの焼き方はさまざまあると思うのですが私の場合は器の横に貝を立てる・・・というやり方をしています。
写真のカップのように見込みに釉薬を入れることも多いので器の上に貝を置くとくっついてしまうのでちょっとだけ離して器のそばに貝を置きます~。

by toubounonki | 2013-05-26 02:20 | やきもの | Trackback | Comments(2)

「陶房呑器」陳野原 久恵の のんびりのんきなやきもの生活ブログです。


by toubounonki
プロフィールを見る
画像一覧