陶芸はフィルターか。



せっかく乾いてきた道路がまた雪で真っ白に。

明日も雪の予報。


まだまだ春は遠いですね。





さて。

前回の記事に「考え事NGの仕事が多い」ということを書きましたが

そうは言ってもやっぱりいろいろと考えちゃっています(笑)。



先日、「芸術は自分と向き合っているのではなく自分から逃げていること」という

意味合いの言葉を目にしました。




たぶん、私が見た文章というのはもっと違う言葉だったと思うのですが、正しい文章の

記憶もなく、どこで見かけたかも覚えていません。



でも、そんな内容の言葉だったと記憶しています。

陶芸を通して自分と向き合っているつもりだった私は軽いショックを覚えました。

(そもそも私がしていることが芸術なのか、ということは置いといて。笑)



 
たしかにそうかもしれない。

自分と向き合っているつもりになっているだけで実は自分と対峙するのがコワイから

かたちになるものにしがみついているだけかもしれない。


そして、いやな事や困った事があってもそれに向き合わず土からなにか作ることを「逃げる」

方法として使っているだけかもしれない。


そんなふうに考えました。



しかし、仕事を進めながらさらに考えていくと


やっぱり自分と向き合ってるんじゃないか・・・とも思えたり。






「自分と向き合う」ってとんでもないことだと思う。

だって、いやなところもダメなところもひっくるめての「自分」というものの確認作業。



誰だってコワイ。

わたしだってもちろんコワイ(ビビりだし。)。



だから「陶芸」というフィルターを通して少し自分に優しいかたちにしてから

向き合ってるのかもしれない。



・・・なんてとりとめのないことを考えたり。

この手の話はいくら考えたって答えは出てきませんよね。



でもこんなことを考えることで


※自分はダイレクトに自分と向き合うのがコワイ「ヘタレ」である。


※こういうことを考えること自体、自分と向き合うことなのかもしれない。


など、少しクリアになって少し霧が晴れるような事柄もあるような気がします。




そしてそのうち目の前の仕事に集中して忘れ・・・・忘れたころにまた思い出す。


そんなことの繰り返し。



答えがでない考え事はこうやって一生ついてまわるのかな(笑)。




d0114782_1572622.jpg



















窯から出したものを水漏れ点検中です~。




今日はとりとめのないひとりごとにお付き合いいただきありがとうございます!!



缶詰のフタで指を切ってしまいタタラ仕事をしていたワタクシに(もうくっついたので明日は

ろくろします~。みなさんも気を付けてくださいね~。缶詰のフタ、デンジャラスです)

応援の1クリックをお願いします~

  ↓           ↓

人気ブログランキングへ  
[PR]
by toubounonki | 2012-03-25 02:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nonki1021.exblog.jp/tb/15622359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kozakurapon at 2012-04-08 22:06
しばらくご無沙汰してました。
黙って作業してると、いろんなこと考えますね。
時々穴にはまりますが、ちょっとしたひとことで浮上できることがあります。

自分のしていることの意味が見えなくなったとき
今度個展をするギャラリーのオーナーから言われたひとことが
すごく自分の心に響きました。

「こまつかさん達の仕事は、目に見えないものの価値を示すことができると思うのです。」

わたしたちは自分から逃げてはいませんよ。
なくても生きてはいけるけど、
なくてはならないものづくりを通して
自分や社会に何かを問いかけ向き合っているのです。

Commented by toubounonki at 2012-04-09 21:56
◇kozakurapon さん
個展前の作品作りや準備、お疲れ様です~。
オーナーさんのひとこと、すごいなぁ。
こんなふうに思ってくださる方がいらっしゃるからがんばれるんですよね。

「これは答えがでないんだから、考えちゃいけない」と思っていても、
自分がしていることの外堀を埋めよう、埋めようとしているのかも
しれませんね。

忙しいときにコメントありがとう!!
私もがんばる~!!


<< 片口の展示、延長~!! 明日は窯焚き。 >>