今日は増刊号。




こんばんは。

動物全般大好きですが、特に鳥類が好きなのんきです。



さて、今日は2月29日。


4年に一度のたいへんすてきなおまけの日。


4年前の今日、増刊号的記事を書きました。

ま、今となっては陶芸に関係のないある意味増刊号的記事が多数を占めてきていますが(笑)。



4年前の記事は北海道の方言の話。

もし読んでみたいという奇特な方がいらっしゃいましたらこちらへ  →  → 2008年2月29日の記事



そんでもって今日は北海道の地名の話。


北海道の地名はアイヌ語が語源になっているものが多いので読み方が特殊なものが多々。

市町村の名前なら道産子なら読めると思うのですが、細かい地名となると地元のひとじゃないと

読めないものがものすごく多いです。





さて、あなたは読めますか??


長万部

雄武

倶知安

弟子屈

留寿都

音威子府

厚沢部

壮瞥

興部

留辺蘂

訓子府


全部北海道の町や村の名前です。



《こたえ》

おしゃまんべ

おうむ

くっちゃん

てしかが

るすつ

おといねっぷ

あっさぶ

そうべつ

おこっぺ

るべしべ

くんねっぷ



・・・とこんなかんじです。



そして、さらにこまかい地名。


簾舞

花畔

忍路

稀府

米飯

漁太

濃昼

国縫

富岸

咲来

大楽毛


私がかろうじて知っている地名をあげてみました。


北海道以外にお住いの方は読めるの、いくつあるでしょうか。



《こたえ》

みすまい(札幌市)

ばんなぐろ(石狩市)

おしょろ(小樽市)

まれっぷ(伊達市)

ぺいぱん(東旭川町)

いざりぶと(恵庭市)

ごきびる(石狩市)

くんぬい(長万部町)

とんけし(登別市)

さっくる(音威子府村)

おたのしけ(釧路市)



読みにくい地名はもっともっとあります。

みなさんのまわりにもたくさんあることと思います(北海道以外でも)。


人名も珍しい読み方がたくさんありますが、地名も探すといろいろあって面白いですよね。



今まで北海道内で私が衝撃を受けた地名や川、山などの名前があります。



様似町の嘯牛(うそふけうし)。あっ、町のなまえは「さまに」です(笑)。



中頓別町の敏音知岳(ぴんねしりだけ)。初めて見たとき「びんおんち」と読んでしまいました。

あっ、ここは「なかとんべつちょう」と読みます。


そして由仁町のヤリキレナイ川。これは読めない、ではなくて初めて河川名の看板を見た時のインパクトがやりきれなくなるほど相当なものでした(笑)。

一級河川です。


あっ、ここの町の名前は「ゆに」です(笑)。



だからどうした、という記事ですいません~。

今日もお付き合いいただきありがとうございます!!




明日は富岸でお買い物をして稀府へ行くワタクシに(爆)応援の1クリックをお願いします~

  ↓      ↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2012-02-29 00:52 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nonki1021.exblog.jp/tb/15501740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 農。 スプーン。 >>