感覚派、理論派。


相変わらず、スイカ食べてます(笑)。


さて。

我が家にやってくる友人、知人の方に陶芸を楽しんでいただくこともけっこうあります。

ほとんどが陶芸初心者なので私がやり方を説明し、見本を作ってみることになります。



先日も以前会社員だったときに大変お世話になったお取引先の方が来てくださいました。

この方は毎年奥様とえべつのやきもの市にも来てくださる方で、お仕事での

お付き合いがなくなれば自然とご縁がなくなるのが普通だと思いますが

今でもご縁をつなげてくださっています。

とってもありがたいことですよね♪


いろいろな人にやり方の説明をしていると・・・・

大きく2種類の人種に分けることができるなぁ、と思います。


2種類ですからとっても乱暴な分け方ですが(笑)。

感覚で動く人。

そして理論を元に動く人。


あくまで私が感じたことなのですべての人にあてはまると言うわけではないと思いますが・・・。


感覚派。まずはやってみる、という人が多いように思います。

私の説明を大まかなイメージで捉えている。

とりあえずやってみて結果をみて自分が何の作業をしたのか理解する。

・・・などなど。


理論派。自分が何のためにこの作業をするのか確認してから動く、と言う人が多いような。

「何センチ」などはっきりと分かる説明が必要。

どうしてこの作業をする必要があるのかということを理解したい、という思いが

こちらにも伝わってくる。

・・・・などなど。


たとえば

湯飲みをろくろで作っていて見込みをもう少し広げてもらいたい場合、

感覚派の人には

「一番底のところでもう少し広がるまで指で押して待っててあげます・・・・・あ、ほらちょっと広がりましたね♪」

理論派の人には

「底がまだ狭いのでこれから広げます。おおよそ○センチになるくらいまで中に入れた指に少し

力を入れて少しずつ外に広げてあげてください・・・・うーん、あと1センチくらい広げましょうか」

となります。


どう説明したら一番その人に伝わりやすいか・・・。

私にとってはまず感覚派なのか理論派なのか探ってみるのが早いように思います。


で、いつもの印象と陶芸の作業の印象が全く違ったりするとその人の新たな一面を

みてしまったような気になり、とても面白いのでした♪


d0114782_1211386.jpg




今日もお付き合いいただきありがとうございます!!


一足100円のソックスを買ってご満悦なワタクシに(安上がりですね~。笑)応援の1クリックを

お願いします~

   ↓          ↓

  人気ブログランキングへ
 
[PR]
by toubounonki | 2010-08-19 01:26 | やきもの | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://nonki1021.exblog.jp/tb/11766949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by てると at 2010-08-19 08:46 x
確かに大きく分けるとそうなるような気がします。
陶芸フェスティバルの体験教室などでもその傾向がみられました。
どちらか分からないので、2通りの説明することもよくありました。

Commented by Potter-Y at 2010-08-19 20:45
陶芸はかなり性格が出ますよね。
理論派は男性に多いような気がします。
そしてうまくいかなくて凹んだりいらいらしてたり。

感覚派の人はワー、キャーいいながら楽しそう。

でもどっちが上達が早いかとなると、
あまりどちらも変わらないような気がします。
Commented by toubounonki at 2010-08-20 01:53
◇てるとさん
たくさんの方に一度に教えるときは大変ですよね。
この人にはちゃんと伝わる言い方だったけど、この人には全く伝わらないとか・・・・(笑)。
たくさん人がいる場合はあまり考えずに2通りの説明をするのが
いちばん早いですね。

それにしてもいつも自分がしていることを言葉にするってほんと
難しいです。
Commented by toubounonki at 2010-08-20 01:56
◇ Potter-Yさん
ほんとに性格出ると思います~。
面白いですよね。

確かに男性に理論派が多いような気がします。
そして理論派の人は味のある器ではなく、きちんと作ったものを
好む人が多いように感じます。

上達は・・・ うん、変わらないように思いますね(笑)。
Commented by kozakurapon at 2010-08-20 12:58
感覚派のうえに素直じゃないので
失敗しないと納得できない私は、
人に教えるのも苦手です。
うじゃうじゃ言わないでとにかく作ってみたら?
そんな言葉がすぐ出てしまいそう。
自分が仮に立派な施設や技術を持っても、
絶対教室だけはやらない自信があります!
(すいません。「やれない」です)
Commented by usupin at 2010-08-20 14:08
わたくしも「人に教える?」なんてとんでもない事の感覚派?!です。たぶん(^^;
そして、のんきさんのところで恐縮ですが・・・苗さん! やっぱり無理でしたね~御盛況何よりでした by泣き笑い^^;
Commented by toubounonki at 2010-08-20 23:56
◇ kozakuraponさん
私も感覚派ですよ。
そうそう、確かに失敗したほうが納得できるよね。

私も「先生」と呼ばれるような陶芸教室はできないと思います。
自分も気楽にできる人ばかりに説明してるので(笑)。
Commented by toubounonki at 2010-08-20 23:58
◇ usupinさん
人に説明すると自分がやっていることを明確に言葉にするので
これまた勉強にもなります。
私も感覚派なのでいつも感覚でやっていることを言葉にすることの
難しさを痛感します。

こまつかさんの夏祭り、ご盛況ですよね♪
私も落書きドラマ本注文しましたよ(笑)。


<< お手伝い。 ヒント。 >>