展示のご案内。



今週からお隣の町白老町の「はしもと陶芸館」にて作品を扱っていただいております。

おまけうさぎとモザイク柄の作品が中心です。


こちらの窯元、白老窯さんや道内の作家さんの作品もゆったりとしたギャラリーに

展示されております。

お近くへおいでの際はご覧いただけたら幸いです。


d0114782_3223328.jpg


作品を持って伺ったときに、ギャラリーの担当の方がどこにどんなふうに展示をしようか・・・・と

あれこれ考えてくださっているのを見ていてとてもうれしい気持ちになりました。

ありがたいですね♪



さて。テレビはついついオリンピックにチャンネルをあわせてしまいます。

どの競技も鍛え抜かれたアスリートが限界ぎりぎりのところで競い合っていて・・・・。


だから感動があるんでしょうね。


南の方にお住まいの方はなぜわざわざ寒い中こんなことをするんだろう・・・と思われる方も

いらっしゃるかもしれません。

しかもスピードを伴う競技も多く危険がいっぱいです。リュージュやスケルトンなんて考えられません(笑)。



雪がある地方に住んでいると冬はとても長いものです。

自分の感覚でも冬は11月から3月。

4月や5月でも雪が残っていたり降ったりしますので半年近くが冬もしくは冬に準じた気候。

暑いところで夏に水に親しむのと同じようにこの長い冬に雪や氷に親しむのだと思います。

しかも寒いところは黙っているとめちゃくちゃ寒い(笑)。

だから体を動かす、とか速く移動できる手段を考えるというところからウインタースポーツは

発達したのではないかと思います(私が勝手に思っているだけですが)。


どの競技を見ても(夏のオリンピックの時もそう思うのですが)選手の皆さんの超人ぶりに

驚いてばかりです。


高校生の時、高校総体のお手伝いでジャンプ台の上まで行ったことがあります。

オリンピックの競技で使っているジャンプ台よりもずーっと低いジャンプ台でした。

上のほうで作業している先生にお茶を届けに行っただけだったのですが

ものすごく高くて(着地点は上から見えません)怖かったのを今でも覚えています。

登るだけでも怖いのにここを直滑降で下りしかも飛ぶなんて!!

人間のすることじゃない、と思いました(笑)。


今日もおつきあいいただきありがとうございます!!


もちろん日本の選手も応援していますが、一度引退していた男子フィギュアのステファン・ランビエール

が観られてとてもうれしかったワタクシに応援の1クリックをお願いします~!!

  ↓         ↓

 人気ブログランキングへ
[PR]
by toubounonki | 2010-02-18 03:50 | ご案内 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://nonki1021.exblog.jp/tb/10782295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukai5 at 2010-02-18 10:55 x
もちろん本番は釘付けなんですが
その前のドキュメンタリーみたいな
選手の普段の姿を見るのが好きです。
もー絶対私は無理だわぁと思うことばかり...
ひとつの競技に向かって突き進む真摯な姿に
心打たれるのだと思います。
しかも、イケメンは目の保養になります(笑
Commented by のりこ at 2010-02-18 14:25 x
ジャンプ台作り、懐かしいですね。
お昼休みの、豚汁だけを楽しみに行ってましたよね。

アスリートの鍛え抜かれた肉体をみると、
自分のぶよぶよのお腹を何とかしなくてはと思います。(笑)
先日の石垣旅行で、千葉ロッテマリーンズの選手と同じホテルでした。
日中はグランドでの練習、夕方プールでクールダウン(何人かの選出とプールで一緒になりました)
夜はホテルでフォームのチェック等
一日中、トレーニングしてました。

スポーツ選手は大変だと、つくづく思いました。
Commented by toubounonki at 2010-02-19 00:38
◇yukai5さん
イケメンは目の保養になりますね。個人的には女性の美しいアスリートも
好きです♪
小さい頃からひとつのことに打ち込んで体力、精神力を磨き・・・・
きっと血のにじむような努力をしている人たちがたくさんいて
オリンピックの桧舞台に立てる人のほうが少ないでしょうね。
スポーツ選手を見ていると自分の追い込み方があまりに甘いことに
悲しくなります(笑)。
Commented by toubounonki at 2010-02-19 00:41
◇のりこさん
懐かしいよね。でも今でもあの恐怖感、覚えてます。
ほんとに怖かった(笑)。
競技の日、あの怖いところを平気で滑ってきて飛んでいる選手達を
みて、ほんとにこの人たちは高校生なんだろうか、と思いましたよ。

スポーツ選手は私達の想像を超える努力をしているのだと思います。
努力できるのも成功するためのひとつの才能なんでしょうね。

いいな~、石垣。あったかいとこに行きたいですわ~。
Commented by てると at 2010-02-20 12:14 x
夏に大倉山(だったような)ジャンプ台のてっぺんに行ったことがあります。
1分も立っていれませんでした。(爆)

滑降も見ているだけでゾクゾクします。
人間業じゃあありませんよ。

Commented by toubounonki at 2010-02-20 22:26
◇てるとさん
高校生のときに上がったのは嵐山のジャンプ台でした。
大倉山ならもっと怖いでしょうね~。

滑降も同感。
特に今回のコース設定はデンジャラスです。
選手が急斜面でエッジを変えるたびに声が出てしまいます~。
Commented by souzyugama at 2010-02-21 07:59
オリンピックが終わったら、春ですねェ。
とにかく寒いのは、もういいです(笑)。
Commented by toubounonki at 2010-02-21 21:37
◇souzyugamaさん
オリンピックが終わってもしばらく春は・・・・。
昨日もたくさん雪が降りました。
今年は雪が多いので庭の雪がなくなるのにも時間がかかりそうです。
Commented by Potter-Y at 2010-02-21 22:25
雪も寒さも楽しんじゃえってポジティブなところがいいですね。
寒いとか言ってロクロをサボってる場合じゃありませんねぇ。
Commented by toubounonki at 2010-02-22 16:29
◇ Potter-Yさん
先人はきっと雪も寒さも楽しまないとやってられない、と思ったのでは
ないでしょうか(笑)。
小さいころは真冬でも暗くなるまで外で遊んでいました。
おかげでひどいしもやけになったりしましたが・・・・(爆)。

ろくろをするときはどうしても腕を出さなくてはならないので
寒いですよね(涙)。


<< 違う映画館で。 チョコの日。 >>