一度だけ役に立ったアーチ。



昨日の暖かさでとけた雪が今日は全部氷になってます。

つるっつる(汗)。


仕事場の小屋にたどり着くのもちょっとした冒険状態(笑)。

昨年も転んで手のひらケガしたので気をつけよう・・・。

雪のあるところにお住まいの方は今日は地面がスケートリンクのところが多いと思います。

みなさんも気をつけてくださいね~!!



とりぱん(野鳥のえさ台にパンをやるというお話が中心のマンガ)を読んでいて

思い出したことがあります。


結婚してまもなく4羽のセキセイインコを飼いました。

二組のつがいに。

それぞれ卵を産んで私が育てたヒナは20羽ほどいます。

鳥好きのおうちにもらっていただいたりうちで育てたり。


一番最後に育てたヒナは3羽。

生後約2週間ほどしてから母鳥から離し、3時間おきに給餌。

私は仕事をしていたため、近くにすむ友人に昼間預けていました。

まるで保育園のように朝晩送り迎え(笑)。


そのヒナたちがだいぶ大きくなり、ふご(小鳥を育てるワラのかご)から出して

遊ばせていたときのことです。


私は台所で夕飯の支度をしていました。

何かを取りに行くために振り返って一歩踏み出したら・・・・・・


裸足の足の裏に生あたたかくふわっとした感触。


・・・・えっ!!!!

もしかしてインコちゃん??????



えっ!!!!!!!!!

もしかして踏んだ?????????



わ~~~~~~!!!!!!!!!!!!


ど、ど、ど、どうしよう~~~!!!!!!!!!!!!!




この間、わずか1秒くらいだったと思いますが私にはとても長い時間に感じました。

そして視線を足元に向けられませんでした。




気を取り直して恐る恐る下を見てみると・・・・・・

確かにヒナが足の下に(爆)!!!!!


あ~!!なんてこと!!

自分の不注意でヒナを殺してしまった・・・・(涙)。


自分の不注意をのろいながら足をよけると・・・・・・

なんとなんと!!!!!!



ヒナは全くケガもなく元気だったんです!!

ちょっとびっくりはしてましたが。



実は私の足のアーチは普通より高い状態だそうで、凹足というらしいんです。

わかりやすく言うと、偏平足の反対。


土踏まずが多いって言えばいいんでしょうか。

土踏まずのところの空間が多いんです。高さ的にも。


セキセイのヒナはこの土踏まずの中にいたんですよ!!

奇跡です(笑)。


後にも先にもこの無駄に高い足のアーチが役に立ったのはこのときだけ。

アーチが高い分、足の甲も高くなるのであわない靴もけっこうあり厄介者

ではあるのですが、この時に役に立っただけでも高いアーチも無駄では

なかったのかな、なんて(笑)。


その後、この子達が大人になるまでいつも足元に注意したのは言うまでもありません。


ちなみにその子は元気に育ち、会社の同僚の実家にもらっていただいて可愛がってもらってました♪




今日は素焼きしてます。

素焼き前にストーブの上で最後のひと乾きさせようと思ったら・・・



d0114782_1739957.jpg




・・・・焦げちゃった(爆)。




今日もお付き合いいただきありがとうございます!!



どうしてもヒヨドリの顔が「鉄人28号」に見えてしまうワタクシに(模様と頭の形のせいなのか・・・・爆)

応援の1クリックをお願いします~!!


         ↓          ↓
   
        人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://nonki1021.exblog.jp/tb/10686524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mofura at 2010-01-22 20:35 x
きゃ~その気持ちわかりますっ。
私もうちの猫を拾ってまもないころ踏みました。
ヒナよりは大きいとはいえ子猫のあばら骨なんて綿棒みたいなものです。
ああ~久々に思い出しました。

アーチ高くて本当によかったですね!!
鳥さん歴、本当に長いのですねー。
Commented by kozakurapon at 2010-01-22 20:36
うう・・・昔、私の不注意で
育てていたセキセイのヒナを父に踏ませてしまいました。
父はベタ足だったため?ヒナは死んでしまいました。
和歌山の白浜に家族旅行中の出来事でした。
私はそのトラウマで
ペンギンヒナが見たいのに、どうしても白浜に行くことができません・・・(涙)

ところで美味しそうな素焼きですね。(笑)
Commented by Potter-Y at 2010-01-22 20:54
mofuraさん同様に猫を踏んづけたことを思い出しました。
のんきさんと違ってべた足ですが、怪我もせずに済みました。
焦げた素焼き、カレーを付けて食べたら美味しそう。(笑)
Commented by yukai5 at 2010-01-23 10:30 x
凹足の方って運動神経が良いと聞きましたが都市伝説でしょうか?(笑
私はひよこを葬りました。
普通足ですが、簡単にやってしまいました。

こんがり焼けた素焼きが「ナン」に見えて、potter-Yさん同様
カレーが食べたくなりました。
Commented by あきら at 2010-01-23 18:36 x
皆さん同じような経験をお持ちなのですね。ワタシも幼少の頃、部屋で放していた手乗りインコを誤って踏んでしまった事があります。頭を踏んでしまい、その踏まれた子は、口から激しい出血をしました。私は罪の意識に苛まされ、胸が張り裂けるような思いで、涙が止まりませんでした。神に祈りました。「ごめんなさい。自分と替わってください。ミーちゃんを助けてください」と。食事もとらず、安静にさせている鳥篭の前でひたすら祈り続けました。その甲斐あってか、ミーちゃんはその後無事に回復し、長生きしました。そんな記憶が蘇りました ・・・ コメント長くなってしまってスミマセン(^^;
Commented by toubounonki at 2010-01-25 19:33
◇mofuraさん
最初におうちに鳥類がやってきたのは小学校1年の時でした。
祖母がどこかから逃げてきてしまった水色のインコちゃんと道端で
出会ったのです(笑)。
手を差し伸べると祖母の手に乗ってきて・・・。
とても穏やかな性格の子でたくさん一緒に遊んでもらいました。
すべてはあそこから始まっていると思います。

踏んでしまったときの動揺って例えようがないですよね。
今でもあのときの感触は覚えてます。

もし、鳥類をまたお迎えすることがあったら踏めない大きさの子に
しようと思います(笑)。

Commented by toubounonki at 2010-01-25 19:39
◇ kozakuraponさん
うぅぅ~。そんなに悲しい思い出が(涙)。
しかも旅行中とは。
きっとこまつかさん、涙が枯れるまで泣いていたんでしょうね。

そういう出来事ってどれだけ時間がたっても忘れることができないですよね。
こまつかさんが早くトラウマから解放されて白浜にいけるようになりますように。

週末留守にしていて今日帰ってきたので素焼き後がどうなったか
まだ窯の中を見ていません。
フツーに素焼きされてるとは思うんですけど・・・
明日開けてみます。
Commented by toubounonki at 2010-01-25 19:42
◇Potter-Yさん
甲高な自分の足が好きじゃなかったのですが、あの時は自分の足の
形に感謝しました(笑)。
ねこちゃん、ケガなくてほんとによかったですね♪

ストーブの上でこのコゲを見たとき私はお醤油せんべいか・・・・・
と思いました(爆)。
Commented by toubounonki at 2010-01-25 19:48
◇yukai5 さん
運動神経ですか・・・・(汗)。小学生の頃は確かにかけっこは速い方だったと思いますが今となってはきっと平均以下でしょう。
都市伝説ですね(笑)。

みなさん、けっこう同じ経験をされているんですね。
私の場合、インコちゃんの位置がとてもラッキーだったんだと思います。
少し場所がずれていたら・・・と思うと腰が抜けましたよ(爆)。

おいしそうな焦げた作品・・・
本焼き後もおいしそうなやきものになるといいのですが(笑)。
Commented by toubounonki at 2010-01-25 19:52
◇あきらさん
あきらさんもですか~。
ミーちゃんを助けたいあきらさんの祈りが神様に届いて
ほんとによかったですね。
でも・・・コメントを読んでいて「口から激しく出血」のくだりで
「あぁ~、もうだめだ~」と思ったら回復して長生き!!!
すごい子です!!
ミーちゃんとあきらさんにはきっと切っても切れないご縁があったんだと思いますよ。
この記事でみなさんにいろいろなことを思い出させちゃいましたね。
Commented by Midori at 2010-04-26 19:49 x
イギリスからはじめまして。無事で良かった。奇特な、おみ足で良かったですね。室内で靴を履くこちらではオウムを踏んで、致死事故となった話はたくさんあります。ドアの上にいたオウム・インコをドアに挟んで死なせてしまったとか。

我が家は3羽のインコ・ヨウム、鶏と他多数の小鳥と犬と暮らしていますが、数年前、飼っている親鳥が見捨てるフィンチ(Bicheno Finch)の雛と卵を10羽ほど育てたので、気持ちよくわかります。成長でも体重10g無いので、とても大変でした。すっかり母性ホルモンが出ちゃって、乗り切りました。思い出しました。

陶芸関連で来ましたが、暖かいお人柄が文章に出ていて、たくさん読ませていただきました。我が家も野鳥観察が趣味でして、一方的に親しみを余計感じました。これからも楽しませてください。
Commented by toubounonki at 2010-04-27 23:53
◇Midoriさん
はじめまして。イギリスからコメントありがとうございます♪
我が家は人間以外の家族が今いないのでたくさんのご家族に囲まれての生活、うらやましい限りです。
フィンチを育てられたとの事、ご縁があったんでしょうね。

徒然に綴っているブログですが読んでいただけてうれしいです。
これからもよろしくお付き合いください~。
by toubounonki | 2010-01-21 17:43 | ひとりごと | Trackback | Comments(12)

「陶房呑器」陳野原 久恵の のんびりのんきなやきもの生活ブログです。


by toubounonki
プロフィールを見る
画像一覧